メイン コンテンツに進む

小売業者が損失防止戦略を導入するメリット

実際の構築に役立つヒントをご案内します。

窓際に立っている男性

詐欺は小売業が抱える大きな課題です

詐欺は、売上の損失だけでなく、ビジネスにも大きな影響を及ぼします。盗難、詐欺、人為的ミスは、小売業者の評価に傷をつけ、顧客のロイヤルティにも悪影響を及ぼす可能性がありますが、こうした問題を未然に防ぐ対策は存在します。

詐欺は小売業者に重大な経済的影響を及ぼしており、実際に PYMNTS によると、詐欺によるオンライン小売の損失は年間 120 億ドルを超えています。特にオムニチャネル ビジネスは苦労して獲得した売上を失うリスクが高く、これは実店舗やオンライン ショップのみで営業する企業よりも、詐欺や盗難に悪用される隙が多いためです。小売業者が選択した販売形態に関係なく、損失防止は売上を確実に守り、ビジネスの成功と成長を実現する、最初の重要な一歩です。

損失防止の概要

すべてのビジネスにとって損失防止は重大な責任であり、それは 小売業で一般的な要因 です。小売店で売上損失が発生する原因は、万引きのような単純な犯罪から、管理上のミス、従業員が友人、知人、親族に不正な割引きを提供するなど、多岐にわたります。

損失防止 によって、詐欺や盗難がビジネスに損害を及ぼす多様な手口に対して、防御策を講じることができます。実店舗をもつ小売店の場合は、監視カメラの設置や、不正な返品をあぶり出す従業員のトレーニングなどが、紛失防止として有効でしょう。オンライン小売業者に有効な損失防止戦略には、請求先住所と異なる配送先住所などの購入異常を検出するソフトウェア、購入時のデビット カード検証要求、犯罪被害を軽減するために詐欺を示唆する大量注文に対して自動で購入制限を設定する方法などがあります。

つまり損失防止には、売上を保護して詐欺を減少させるために、企業が講じるあらゆる措置が含まれます。

小売業界の損失防止

損失防止は、オムニチャネルと実店舗の小売業者にとって不可欠です。売上の損失を最小限に抑える堅実な戦略により、売上改善とビジネスの成長を実現しましょう。

小売業界で一般的な損失防止のアプローチを、次に示します。

  • セキュリティ タグ。 これは万引きを思いとどまらせ、実際に発生したらスタッフに知らせます。タグの適切な取り外しや非アクティブ化には、特殊な機器が必要です。多くのセキュリティ タグにはインクが仕込まれており、無理に取り外すと盗品の価値がなくなります。とくに衣料品の小売業者は、このタイプの損失防止を採用することが一般的です。

  • 監視カメラ。 これは小売スペースの記録と監視、強盗の防止に、非常に効果がある方法です。悪意のある客や侵入者に対しては、監視カメラで録画している注意書きだけでも、窃盗を思いとどまらせる効果があります。

  • トレーニング。 従業員は、人為的ミスに起因する損失防止で大きな役割を果たします。商品ラベルの間違い、会計上の単純なミス、他にも予防できる間違いを侵し、売上の損失に意図せず影響を及ぼす可能性があります。適切なトレーニングを実施して、従業員が評価を実感できる職場文化を育てることで、損失防止に良い影響を与えることもできます。

  • 手の届かない商品陳列。 小売業者の一部では、盗難にあいやすい商品を、鍵付きのキャビネット、防犯ネット、カウンターの後ろなどで保護しています。人気のある商品や盗まれやすい商品を簡単に触れないようにし、盗難被害を軽減できます。

  • 戦略的なスタッフ配置。 人気商品の周辺に店内のスタッフを重点的に配置することで、その商品に手をかけることが難しくなり、盗まれた場合も逃走が困難になります。

詐欺対策のデジタル化

損失を防止するアプローチは、タグとトレーニングだけに留まりません。最新のテクノロジ ソリューションを詐欺に対する保護に活用しましょう。たとえば、現代の小売業者にとって、重要な防衛対策はデータです。

最新のテクノロジ ソリューションは、商品の返品や割引など、一般的なトランザクション データからパターンを特定し、詐欺を検出します。AI や機械学習を導入したテクノロジ ソリューションは、ビジネスの効果的な保護に役立つ情報をもたらします。

たとえば Microsoft Dynamics 365 Fraud Protection などのソフトウェアは、モノのインターネット (IoT) の威力を引き出し、商品の監視に活用します。デバイスとセンサーを連携させたネットワークを構築することで、リアルタイム データを使用した商品のすばやい補充や異常の検出を、店舗で実現できます。例として “スマート” 陳列棚は、商品が減ると店舗マネージャーに通知を送信します。マネージャーが最近の補充を把握しているにもかかわらずシステムがこの通知を生成する場合、それは盗難を示唆するかもしれません。

さらに、小売業者は IoT を活用して、高額商品や盗まれやすい商品につながる扉が長時間開いていると従業員に警告し、こうした商品に泥棒が手をかける隙を軽減できます。この通知は買い物客の入店を従業員に知らせる効果もあり、気付かずに侵入されることを防ぎます。

ソフトウェアの選定に役立つ考慮事項

損失防止ソフトウェアを選定する際は、データの理解と迅速な対策に役立つ柔軟なツールを見つけましょう。掘り下げてインサイトをもたらす、詳細なレポートを作成するサービスを選ぶことで、詐欺が発生した場所や手口をより適切に特定できます。堅牢なソリューションが備えるべき機能を、次に示します。

  • オムニチャネル エコシステムの変調を検出する機能。

  • 履歴データからパターンを検出して効果を高める機能。

  • デバイス固有の情報でアカウントを保護する機能。

  • スコアカード レポートでパフォーマンスの重要指標を測定し、損失防止のパフォーマンスを監視する機能。

  • アダプティブ AI テクノロジの威力を活用する機能。

売上を保護する損失防止

売上の損失は避けられませんが、シンプルかつ強力な対策でビジネスを保護できます。防犯カメラや専門トレーニングなどの戦略は効果がありますが、適切なソフトウェア ソリューションを導入するならば、損失防止が最良の戦略です。データと実用的なインサイトを活用することで、素晴らしいカスタマー サービスの提供とビジネスの成功に集中できます。

損失防止アプローチにテクノロジを追加して、詐欺の軽減と売上の保護を実現します。今すぐ始めましょう。