メイン コンテンツに進む

詐欺防止サービスとは?

詐欺防止サービスは、ビジネスと顧客の財政と信用を危険にさらす活動を検出し、未然に防ぐことを目指しています。

会話する 2 人
会話する 2 人

詐欺とは何か?

端的には、不正な手段によって価値あるものを盗む行為です。

オムニチャネル小売の割合が増加するほど、顧客は商品を閲覧した場所と異なるところで支払いを行い、さらにどこからでも返品できるようになります。ところが困ったことに、これは顧客の利便性を高めるだけでなく、詐欺犯が付け入る隙も指数関数的に増加させます。

つまり小売業者にとって、今まで以上に詐欺に対する自衛策が必要です。適切な保護を行わない場合、現在から 2023 年までのカード不介在トランザクションだけで、1300 億米ドルもの売上を詐欺によって失うリスクに直面します。1

1Juniper Research の予測に基づく。

実際の犯行時に詐欺と判断する

実店舗で購入する機会が減少し、小売業者が手軽なオムニチャネル トランザクションを促進しているため、e コマース詐欺は影響範囲が拡大し、その技術はさらに巧妙化しています。以下に示す一般的な小売詐欺の種類を把握し、特定できるようになり、ビジネスの保護を開始しましょう。

  • なりすまし。 なりすましは、巧妙で早期発見が難しく急速に増加しており、社会保障番号、生年月日、その他の ID 情報などの被害者に関する個人データを、詐欺犯が大規模な企業データ侵害によって取得することで発生します。その後、犯罪者はこのデータを利用してクレジット カード口座を不正に作成し、購入やキャッシング サービスに利用します。
  • アカウント乗っ取り (ATO)。 アカウント乗っ取り攻撃は、詐欺犯がボット攻撃、フィッシング、マルウェアなどのツールを使用してユーザーの認証情報を盗み出し、銀行、e コマース、その他のオンライン アカウントを乗っ取る場合に発生します。悪意のある犯人は、アカウントの権限を奪った後、それを使って送金、購入、アカウントの改変を行い、さらに盗んだ情報で別のアカウントを標的にします。サインイン失敗の増加、何度もロックされるアカウント、高額購入直前の住所変更などのアカウント プロファイルの突然の変更は、アカウント乗っ取り攻撃の兆候を示すシグナルの可能性があります。
  • カード不介在 (CNP)。 オンラインや電話でのトランザクションが急増しているため、小売業者はクレジットカードの認証情報やカード所有者の身元を常に対面では確認できず、これがカード不介在詐欺の温床になります。この状況が悪意のある犯人に隙を与え、Web ブラウザー、電話、その他のオムニチャネル接触で盗み出したクレジットカード情報を使用することで、製品やサービスの購入を引き起こします。
  • クリック アンド コレクト (C&C)。 犯罪者が盗み出したクレジットカード番号をオンラインでの購入に使用し、その後、実店舗で直接商品を受け取ることで C&C 詐欺が成立します。
  • カード テスト詐欺。 カード テストはクレジットカード詐欺で一般的な形態の 1 つです。詐欺犯は、盗み出したクレジットカード番号をボットを使用して口座の支払いプロファイルに追加してみることで、その番号が有効かどうかをテストします。売り手がその情報を認証してしまうと、同じオンライン マーケットだけでなく別の売り手からも、犯罪者がその口座を使用して購入できるようになります。
  • 越境詐欺やクロスチャネル詐欺。 発覚を遅らせ、痕跡を隠し、被害者から最大の価値を盗み出すために、詐欺犯は多くの場合、1 つのチャネルでユーザー名、パスワード、口座番号などの個人情報を奪取してから、同じアカウントを使用した別のチャネルでも即座に攻撃を行います。
  • モバイル決済詐欺。 ウェブ詐欺を凌ぐ勢いで急速に増加しているモバイル決済詐欺は、通話やモバイル アプリを介した攻撃を含みます。スマートフォンが悪意のあるシステムとリンクしたマルウェア アプリケーションに感染すると、詐欺犯が感染したモバイル デバイスに記録された認証情報、アカウント情報、その他の個人データにアクセス可能になります。

小売詐欺が及ぼす影響

適切な詐欺防止サービスを備えていない小売業者は、攻撃とセキュリティ侵害を許して、売上と顧客の信頼を喪失し、ブランド評価を低下させるリスクに直面しています。オムニチャネルの小売環境では、あらゆる規模の企業が脆弱性に晒されます。

クレジットカード情報の盗難や、サインイン認証情報の漏洩が、ビジネスや顧客に与える損害を考慮します。こうした事件は、売上の損失と、ブランド価値の長期的な毀損につながる可能性があります。さらに個人情報が盗まれることで顧客の与信評価が低下し、融資申し込み、住宅ローン、その他の形式の与信申請を行う能力に影響を与え、顧客を長期的に悩ませることになります。

詐欺を未然に防ぐ戦略

現在の小売業界において、オムニチャネル戦略を確立することは不可欠ですが、その際は詐欺防止にも的を絞った対策が極めて重要となります。これを念頭に置いた、すばやい対策によって危険の兆候を特定し、詐欺の犯行を阻止します。

  • 購入場所を問わず、すべてのトランザクションについて綿密な記録を残す。

  • 支払いの際にクレジットカードの認証情報として、セキュリティ コードも確認する。

  • 疑わしい行動やトランザクションを検出した場合は、クレジットカード発行会社に照会する。

  • 詐欺の種類を把握して、詐欺防止サービスでビジネスを保護する方法を理解する。

顧客はあらゆるチャネルで一貫したショッピング エクスペリエンスを期待していますが、小売業者には顧客 ID に対する一貫した認証方法が依然として必要です。こうした種類の認証方法は現在も開発の途上にありますが、すぐに導入できる洗練された詐欺防止テクノロジは存在します。

たとえば詐欺を検出して未然に防ぐ、機械学習を搭載したサービスをご検討ください。このディープ ラーニング テクノロジは、複雑なパターンを認識して学習し、詐欺行為の全体像をもとに関連性を検出します。これはルールに基づくツールよりも、はるかに正確です。

詐欺防止サービスの効果

クロスチャネル ショッピングは、悪意のある犯人が詐欺を実行する隙を、これまで以上に与えています。

それでも、詐欺防止サービスで詐欺行為のパターンを特定することで、効果的に犯行を検出して未然に防ぐことができます。その結果、こうしたサービスを導入する企業は 3 つの重要な競争優位性を獲得します。

  1. 売上の保護: 詐欺行為や誤った却下が与える影響から売上を守る。
  2. 業務効率: 対策を自動化して、時間がかかる手作業を取り除く。
  3. 顧客満足度: アカウント開設、個人情報、活動を保護して、ロイヤリティを維持する。

詐欺の検出を静的なプロセスで行わないことが大切です。AI や機械学習などのテクノロジを活用することで、こうしたサービスは、今まで手動だったプロセスを自動化し、大規模なデータセットを統合して、さらに搭載する分析で読みやすいレポートを生成して実用的なインサイトを提供します。これが決め手です。最新の詐欺防止サービスは固定のルール セットを使用せず、継続的に学習を行うことでシステムを常に改善し続けます。

詐欺防止ソリューションの選定

詐欺防止ソリューションの導入を決定した後で、選定時に注目すべき機能と、それがビジネスや顧客の保護に発揮する効果は何でしょうか? 考慮すべき機能をご紹介します。

  • 購入保護: 銀行承諾率を改善して、買い物カゴの放棄につながる会計時の手間を軽減し、オンラインでの売上を保護します。

  • アカウント保護: アカウントの不正アクセス、詐欺アカウントの開設、犯罪者によるアカウント乗っ取りを未然に防ぎ、信頼、売上、顧客アカウントを保護します。

  • 損失防止: 店舗マネージャーや調査員の能力を高め、オムニチャネル購入の返品や割引を行う際に詐欺の可能性を迅速に特定し、対策を講じることで損失を防止します。

こうした機能に加えて、期待する詐欺防止サービスがスタンドアロン ソリューションであるかどうか、他の小売テクノロジと統合する方法、生成できるレポートの種類、シームレスなカスタマー エクスペリエンスに対応する方法、そして念のためテクニカル サポートを利用できるかどうかを評価する必要があります。

Fraud Protection の概要

顧客はこれまで以上に多様なショッピングの選択肢を利用できるので、詐欺を未然に防いで信頼を守り、売上を伸ばすことが重要です。詐欺防止サービスがこれを実現し、同時に業務コストの削減と、銀行承諾率の改善も達成します。

Microsoft Dynamics 365 Fraud Protection は、オンライン小売業者がトランザクションを診断して詐欺の兆候を評価できるようにし、e コマース トランザクションの判断に役立つカスタマイズ可能なルールに基づく推奨で、ビジネスを保護します。