メイン コンテンツに進む

Microsoft Dynamics 365 に関する業界アナリストの声を見る

トップ ビジネス アナリストの最新のレポートとレビューを読みましょう。

CRM Customer Engagement Center の Gartner Magic Quadrant (2019 年)

Microsoft は Gartner の CRM Customer Engagement Center に関する 2019 Magic Quadrant で、今回も Leaders Quadrant に位置付けられました。これは、Microsoft が、顧客エンゲージメント センター市場における優れたビジョンと実行力を示したことに基づいています。Gartner は次のように述べています。「デジタル ビジネス モデル、より進んだ AI の成熟度、統合された顧客サービス エコシステムによって、組織が顧客と関わり、顧客サービス チームを管理する方法が変化しています」


Gartner の営業自動化 (SFA) の Magic Quadrant

Gartner は営業自動化 (SFA) の 2019 年 Magic Quadrant で Microsoft を再度 Leaders Quadrant に位置付けました。これはビジョンの完全性と、営業自動化市場での実行力に基づいています。「ベンダーは過去 1 年間に AI のデータ取得、予測分析、リレーションシップ インテリジェンスの各機能を改善しました」と Gartner は述べています。


中堅企業、大企業、グローバル企業向けのクラウド コア財務管理スイートに関する Gartner Magic Quadrant (2019 年)

Gartner は、中規模、大規模、グローバル企業向けのクラウド コア 財務管理スイート 2019 年 Magic Quadrant で、Microsoft をビジョナリーに位置付けています。Gartner は次のように述べています。「Gartner による顧客からの聞き取り調査のデータは、クラウド コア財務管理スイートへの関心が著しく高まっていることを示しています。面倒なユーザー インターフェース、カスタマイズの多さ、高価で管理が難しいアップグレードなど、オンプレミスのコア財務アプリケーションが直面する課題は、クラウドに移行することで簡単に回避できると、多くのアプリケーション リーダーや上級財務ユーザーは考えています 」


製品中心の中規模企業向けクラウド ERP の Gartner Magic Quadrant

製品中心の中堅企業向けクラウド ERP に関する最初の Magic Quadrant で、Gartner はビジョンの完全性と実行能力を理由にMicrosoft をビジョナリーに位置付けています。Gartner は「2021 年までに、製品中心の企業向けの新しい中堅マーケットのクラウド ERP アプリケーション プロジェクトの 70% がパブリック クラウドで実装されるようになる」と述べています。


製品中心の中規模企業向けクラウド ERP のクリティカル ケイパビリティ

Gartner の「製品中心の中堅企業向けのクラウド ERP のクリティカル ケイパビリティ」において、Microsoft は「プロセス製造」と「最新のテクノロジ アーキテクチャ」など、3つの使用用途で最高スコアを獲得しています。


フィールド サービス管理に関する Gartner Magic Quadrant

Gartner は、フィールドサービス管理の 2019 年 Magic Quadrant において、Microsoft をビジョナリーに位置付け、次のように記しています。「この Magic Quadrant におけるベンダーのポジションは、デジタル技術者のサポート、結果ベースのサービス ビジネス モデル、AI を活用したスケジューリングや意思決定のサポートなどの分野で、顧客の新しい期待を反映しています」

Forrester Wave™: カスタマー サービス ソリューション 2019 年第 2 四半期

Forrester の顧客サービス ソリューション プロバイダーに関する 33 の基準評価において、Appian、bpm’online、Freshworks、Microsoft、Oracle, Pegasystems、Salesforce、SAP、ServiceNow、SugarCRM、Verint、Zendesk の以上12 社が最も重要なプロバイダーに認定されました。そして調査、分析、採点の結果、Microsoft は Forrester が注目する強力なパフォーマーのカテゴリに位置付けられています。 「Microsoft は、ハードウェア、ソフトウェア、モノのインターネット (IoT) プラットフォームを提供して、エンドツーエンドの顧客サービスを可能にする唯一のベンダーです」


Microsoft Dynamics 365 Finance and Operations の Total Economic Impact™

Microsoft は Forrester Consulting に委託して、7 つの組織における Dynamics 365 Finance and Operations の TEI を調査しました。これらの組織は、古い隔離された ERP システムを置き換え、知見に基づいて財務モデルを開発し、アップグレードの主な利点を定量化するために Dynamics 365 Finance and Operations を採用しています。


Mega Vendors は AI を使用して CRM の流れを変えます

Forrester は CRM の分野で AI を提供する Microsoft を含む主要ベンダーを調査しており、2018 年 4 月のレポートで次のように述べています。「競合企業と異なり、Microsoft は長年にわたってビジネス アプリケーションを超えた AI プラットフォームを構築してきました。Microsoft Azure に構築した AI プラットフォームは、企業が独自のアプリケーションを作成したり、Dynamics 365 に接続して活用できる機械学習、認知、ボット サービスを利用したりすることを可能にします。Microsoft は、営業と顧客サービス向けに特別に設計された AI ソリューションのライブラリが非常に充実しています」

Nucleus のロゴ
Nucleus のロゴ

IDC MarketScape: 世界的な SaaS およびクラウド対応の運用 ERP アプリケーション

IDC MarketScape は Microsoft を世界規模の SaaS とクラウドに対応した運用 ERP アプリケーションの主要なプレーヤーに位置付けています。IDC MarketScape は次のように記しています。「デジタル変革 (DX) は根本的に変化するエンタープライズ リソース プランニング (ERP) アプリケーションです — 企業が意思決定を変革できるようにして、デジタル経済におけるビジネス成果を大幅に向上させます。デジタル経済における関連性を確保し、リーダーのポジションの維持または強化を希望する企業にとって、デジタル変革は全社規模の戦略として、経営者レベルで取り組むべき現実となっています」

ソース:「IDC MarketScape: 世界規模の SaaS とクラウド対応の運用 ERP」、IDC #US43702818 2019 年 3 月

レポートの抜粋記事を読む
Nucleus Research ERP テクノロジ バリュー マトリックス
Nucleus Research ERP テクノロジ バリュー マトリックス

Nucleus Research ERP テクノロジ バリュー マトリックス

Nucleus Research は、20 を超えるエンタープライズ リソース プランニング (ERP) ソリューションを機能と使いやすさの観点から評価する ERP テクノロジ バリュー マトリックスにおいて、Microsoft Dynamics 365 をリーダーとして評価しました。