メイン コンテンツに進む

日本の元号の更新

2019 年 5 月 1 日に日本の新しい元号および関連するカレンダーの使用が始まります。Microsoft ビジネス アプリケーション グループでは、Microsoft ビジネス アプリケーションの 2019 Spring リリースで、5 月の日本の新しい元号に対応できるように準備を進めています。この作業は、Dynamics 365 のアプリケーション、ソリューション、Power プラットフォーム コンポーネントのほか、これらの製品およびサービスに含まれる日本ローカライズ機能が対象です。新しい元号をサポートするための更新プログラムは、他の重要な Dynamics 更新プログラムと同様の方法で展開されます。このページは今後数か月の間必要に応じて更新されます。

このページは、これから数か月にわたり必要に応じて更新されます。

Microsoft Dynamics AX 2013 R3
Microsoft Dynamics 365 for Finance and Operations, version 7.3
Microsoft Dynamics 365 for Finance and Operations, version 10.0.1
Microsoft Dynamics 365 for Sales, version 9.1
Microsoft Dynamics 365 for Customer Service, version 9.1
Microsoft Dynamics 365 for Field Service, version 9.1
Microsoft Dynamics 365 for Project Service Automation, version 9.1
Microsoft Dynamics 365 for Customer Engagement, On-Premises, version 9.0.3 or later
Microsoft Dynamics 365 for Field Service, On-Premises, version 9.1
Microsoft Dynamics 365 for Customer Engagement (Online and On-premises) Update, version 8.2.5
Microsoft Dynamics 365 for Marketing, version 1.36
Microsoft Dynamics 365 for Market Insights, version 1
Microsoft Social Engagement 2019, Update 1.2