メイン コンテンツに進む

日本の元号対応 Business Applications 更新プログラム

2019 年 5 月 1 日より新元号ならびに新元号による暦が開始されます。 Microsoft Business Applications Group では、Microsoft Business Applications の 2019 年 4 月リリースで日本の新しい元号に対応する準備をしてきました。この作業は、Dynamics 365 のアプリケーション、ソリューション、Power Platform コンポーネントのほか、これらの製品およびサービスに含まれる日本市場向けの規制機能が対象です。 新元号に対応するための更新プログラムは、他の重要な Dynamics 更新プログラムと同様の方法で展開されます。

Microsoft では、日本の新元号対応更新プログラムの適用対象として、以下の Business Applications 製品をサポートしています。

Microsoft Dynamics AX 2013 R3
Microsoft Dynamics 365 for Finance and Operations バージョン 7.3
Microsoft Dynamics 365 for Finance and Operations バージョン 10.0.1
Microsoft Dynamics 365 for Sales バージョン 9.1
Microsoft Dynamics 365 for Customer Service バージョン 9.1
Microsoft Dynamics 365 for Field Service バージョン 9.1
Microsoft Dynamics 365 for Project Service Automation バージョン 9.1
Microsoft Dynamics 365 for Customer Engagement, On-Premises バージョン 9.0.3 またはそれ以降
Microsoft Dynamics 365 for Field Service, On-Premises バージョン 9.1
Microsoft Dynamics 365 for Customer Engagement (Online および On-premises) Update バージョン 8.2.5
Microsoft Dynamics 365 for Marketing バージョン 1.36
Microsoft Dynamics 365 for Market Insights バージョン 1
Microsoft Social Engagement 2019, Update 1.2