メイン コンテンツに進む

シンプルな AI: インテリジェンスを搭載するビジネス アプリケーション

データに基づくインサイトと強化された AI による意思決定機能をビジネスに導入する、より迅速な方法をご確認ください。この e-book では、次世代のビジネス アプリケーションでビジネス インテリジェンスの展望をシンプルにして、導入の障壁を下げる方法をご案内します。特に、インテリジェンスを搭載する顧客関係管理 (CRM) とエンタープライズ リソース プランニング (ERP) ソリューションで、ビジネスに AI を実装する際の必要なコスト、複雑さ、スキルセットを軽減する方法を説明します。

ビジネスに AI を導入する

経済誌、大衆文化、公共政策の議論で、どこにでも AI を感じられるなら、実際にそうなのです。SF 映画からアルゴリズムによるオートコンプリートまで、AI は日常に存在しています。

ビジネス アプリケーションにおける AI の可能性は本当に目覚ましく、効率を高め、カスタマー エクスペリエンスを改善する効果を、多くのビジネス リーダーが認識しています。ところが多くの場合、実装は明らかに困難です。これまでは、専門的な AI スキルの不足、カスタム ソリューションのコストと複雑さによって、最大かつ最高の技術を持つ企業を除き、AI はほとんどの企業にとって手の届かないものでした。

72% の経営幹部は AI が将来のビジネスで強みになると確信していますi

幸いなことに、次世代のビジネス アプリケーションは AI を中核コンポーネントに活用しており、日常のワークフローに AI を取り入れることで、ビジネス ユーザーを置き換えず、能力を強化します。こうした AI ソリューションは実用的なインサイトを簡単に導き出し、データに基づいて意思決定するためのフィードバック ループを作成します。変革の始まりは組織が持つデータをすべて連携することです。AI と人間の判断でチャンスを最大化し、協力してインサイトに富んだ関係をつくります。人間と AI が協力することで業績を改善できるのです。

最新のビジネスの課題

業務の本質とビジネスのスピードがここ数年で劇的に変化したため、業界全体のビジネスがいくつかの共有の課題に直面しています。

分断したデータ

多くの組織が、レガシー テクノロジや事業買収、または設計上の目的のためにシステムを分断します。これは深刻な問題で、信頼できる 1 つの真実、カスタマーの全体像、部署間の可視性、全体像の正確な把握などを活用できません。

高まり続ける期待

カスタマーはニーズが率先して満たされることを期待します。株主は継続的な利益の増加を期待します。経営者は、より高い生産性がより少ない社員により発揮されることを期待します。社員は業務用テクノロジが消費者向けテクノロジと同程度に簡単で利用しやすいことを期待します。プレッシャーが全方位から加わります。

取り逃がしたチャンス

ビジネスは日々急速に進歩しています。過去の課題や逃したチャンスを事後に確認しているようでは、変化に追いつくことは難しく、その先を行くことは不可能でしょう。このことは俊敏性の致命的な欠如につながります。リアルタイムでトレンドを認識できなければ、合理化や効率化でトレンドを先取りできません。

71% が自分の専門分野を AI が破壊した、または今後破壊すると考えています。iii

個別の条件に合わせた変革

チームのワークフローにシームレスに適合し、社員の専門知識を活かす AI は、分断したデータ、高い期待、営業案件の逸失など、課題への取り組みを後押しします。現代のすべての組織には以下が必要です:

壁のないビジネス

アプリケーション全体でリレーションシップ、プロセス、データを統合して可視性と制御を改善し、最高の業務環境を整えます。

実用的なインサイト

統合したデータ、分析、ガイダンスを活用して、カスタマーへの対応と組織の業績を改善する方法について、先を見越して意思決定を下します。

進化のために構築したソリューション

スケーラブルでセキュア、さらに柔軟なプラットフォームを選定してください。より迅速なインサイトと応答性の高いエクスペリエンスのために必要な、ツールと機能を直接ご利用いただけます。


マーケティング マネージャーが集計したデータを確認して、セールス ファネルの弱点を発見できるとしたら?

このマネージャーはマーケティングと営業の資料を提供してカスタマー エクスペリエンスを改善し、営業チームは提供された必要なリソースを活かしてより多くの取引を成立できます。組織、カスタマー、市場のデータを連携する最新のインテリジェント テクノロジを、どこからでも利用できるようにすれば、すべての社員が有利に戦えます。

詐欺の疑いがある取引が開始されたら、コンプライアンス チームが自動で通知を受け取れるとしたら?

このチームはビジネスに被害が及ぶ前に、取引の不正を調査できます。システムとプロセスに AI を搭載すれば、AI がいつでもパターンを発見して、アクションを提案し、問題を自動で警告できます。

カスタマー サービスのリーダーが仮想オペレーターの応答をスクリプトで定義して、新たな課題に対応できるとしたら?

このリーダーは問題が影響を及ぼす前に、大勢のカスタマーのエクスペリエンスを一度に改善できます。ビジネス プロフェッショナルが適切なツールを活用すれば、IT バックログを加えずに AI モデルをトレーニングして、事前にカスタマーのニーズに対応できます。

AI の概要

PwC の調査によると、2030 年には世界の GDP が AI の成果で最大 14% 増加します。この増加分は 15.7 兆ドルに相当し、AI は重要なビジネス チャンスになります。iv 明らかに AI には実装する価値があり、正しく活用すべきです。

クラウド コンピューティングが進歩したことで、画期的なインテリジェンスをはるかに簡単に生み出せるようになりました。すぐに利用できる AI ソリューションは巨額の初期投資を必要とせず、すぐに成果をもたらします。このガイドラインに沿って力強く開始しましょう。

1. ビジネスの課題からスタートします。

投資利益率を最大化する明確な目標を定めて AI を実装します。解決すべき課題、業務改善にインサイトを使用する方法、結果の測定方法を明確にしましょう。

2. データ ソースを幅広く考慮します。

AI で処理するデータが高品質であるほど、より正確な結果を得られます。分断されたビジネスの中から、課題の解決に役立つデータを探しましょう。

3. 人間の判断を取り入れます。

AI の役割を定義します。人間がビジネスを構築して、テクノロジは人間をサポートします。社員の専門知識を動員して AI が最大の効果を発揮する分野を決定します。この原点から独自のペースで実装を進めます。

4. 業務内容に合ったツールを採用します。

日常のワークフローのコンテキストで、IT の専門家でなくても実用的なインサイトを利用できるように、スケーラブルかつセキュアで、高い柔軟性を備え、使い慣れたビジネス ツールに搭載された AI ソリューションが必要です。

Dynamics 365 AI ソリューション

Microsoft Dynamics 365 は AI を活用して、ビジネス ユーザーのスキルと経験を置き換えるのではなく、強化します。その分野の専門知識を AI で補完することで、核となる能力でより積極的に効果を高めることができます。AI でインサイトを提供するために特化した、幅広いビジネス ソリューションをご利用いただけます。さらに、すべての Dynamics 365 ソリューションは使い慣れた既存の Office 365 ツールと連携します。

Dynamics 365 AI アプリケーションは組織全体のデータとビジネス プロセスを統合し、誰もが利用できる画期的なインテリジェンスで実用的なインサイトを生成します。こうしたソリューションは AI を必要とし、自発的に利用し始める社員を支援して、社員の持つノウハウを適用して問題を定義し、パラメーターを設定して結果を達成します。

実用的な AI

Dynamics 365 の AI ソリューションでデジタル フィードバック ループを作成して、インサイトとデータに基づく意思決定でビジネスを継続的に改善します。実際に AI を採用する企業全体の売上は、今後 3 年間で少なくとも 39% 増加すると予想されています。3

Dynamics 365 AI を活用した革新的なインサイトで、組織は以下を実現できます:

条件に合わせて AI を採用する

社員が持つスキルセットや専門知識に応じて活用できる製品とガイダンス。

既存のビジネス ワークフローを

働き方に合わせて設計された AI ツールで強化します。

組織で協力して AI に取り組む

IT 部門にアウトソースせずに、課題解決機能をそれぞれの部署に導入します。

より関連性の高い、パーソナライズされたカスタマー エクスペリエンスを作成する

カスタマーと市場のデータを連携してインテリジェントに自動化します。

社員の専門知識を

より大きな成果を後押しするインテリジェントなツールを導入して補完します。

マイクロソフトの AI によるイノベーションの利点を

ビジネスの中核であるプラットフォーム、製品、サービス全体に行き渡らせます。

カスタマーの成功事例

デンマークにある世界で 2 番目に古い遊園地 Tivoli Gardens は、毎年 450 万人以上のゲストにサービスを提供しています。カスタマー エクスペリエンスに対する取り組みは同社の大きな誇りであり、Dynamics 365 Customer Insights を活用した想像力と革新で長い伝統を守っています。

“Dynamics 365 Customer Insights により、パス所有者と来場者の全体像を把握することができます。この包括的なビューは、園内のすべてのタッチポイントとそのエクスペリエンス全体で、エンゲージメントを高める方法を最適化する基盤です。”

Michala Svane 氏
Vice President of Sales and Marketing、Tivoli Gardens

ビジネスに AI を導入する

経験豊富な社員が日常のワークフローで自信を持って AI を活用することで、事前対応型のビジネスを推進して、より情報に基づいた意思決定を下せます。Dynamics 365 AI の機能を利用すると、問題に最も近いビジネス プロフェッショナルが直接その問題を解決できます。データを統合して高度なインテリジェンスをもたらし、革新的なインサイトを提供する幅広いソリューションでこれを実現しましょう。

マイクロソフトは数十年にわたりソフトウェアの構築に携わってきました。当社はこの経験を活かしてサービスとデータを保護するセキュリティ認識と脅威の軽減対策を実装し、継続的に改善しています。さらにマイクロソフトは責任を持って AI の活用に取り組んでおり、AI for Good で認められたテクノロジを応用して、人類にとってより良い世界を創造します。

Dynamics 365 AI でユーザーが AI を毎日利用できるようにして、実用的なインサイトをすばやく導き出し、ビジネスでより良い業績を実現します。