Skip to main content

CRM ソフトウェアを最大限に活用する方法

顧客関係管理 (CRM) ソフトウェアの選択には、どのように営業とサービスを自動化するか、ということだけでなく、どのように顧客とのつながりを深め、購入に至るジャーニーを予測し、競合他社よりも買い手のニーズを満たすか、ということが関係しています。

最適な CRM ソリューションの検討に少し圧倒されていますか。お客様と、お客様の顧客、ビジネスにとって最適なソフトウェアを見つけるのに役立つ、いくつかのヒントとツールをご紹介します。

CRM ソフトウェアとは何ですか。

CRM とは、異なる顧客管理システムにまたがるソフトウェア ソリューションのカテゴリのことで、営業、サービス、マーケティングなどの連携を実現します。ビジネス プロセスを合理化して、顧客データを連携させることで、関係の構築、生産性の向上、顧客エンゲージメントの改善をサポートします。

少しの調査で、顧客が探しているものや、エージェントの業務を向上させるのに役立つツールについて、よいアイデアが浮かぶでしょう。

CRM ソフトウェアの連携について知る

効果的な顧客関係管理ツールは、タスクの自動化をサポートします。また、インサイトを提供して、カスタマー サービスを向上させます。企業にとって必要な基本的タスクをカバーすると共に、各コンポーネントは確実に統合、連携されなければなりません。最新の CRM システムが営業、マーケティング、およびサービス組織をつなげて、最適化するのにどのように役立つか、3 つのシナリオをご紹介します。

営業とマーケティングで足並みを揃える

営業とマーケティングのコンポーネントは連携して動作するので、顧客のニーズを把握し、適切なマーケティング チャネルで対応するのに役立ちます。たとえば、以下のような方法で、これら 2 つの機能は連携して動作します:

  • 適切な時期に、希望のチャネルで買い手とつながることができます。
  • 顧客に送るメッセージの種類と配信時期を決定します。
  • 潜在顧客の優先順位付けと育成により、マーケティングから営業へスムーズに引き継げるようになります。

営業の生産性の向上

適切な CRM ソフトウェアにより、営業チームは潜在顧客の発見および優先順位付けができるようになります。また、営業チームが顧客とのエンゲージメントを図る時期と場所に関してインサイトを得ることができます。これらのシステムが連携することにより、以下のことが可能になります:

  • 将来の売上と予算を予測し、それに応じて計画できるようにします。
  • エージェントが、最初の連絡から取引のクローズに至るまでの営業プロセスを合理化するのに役立ちます。
  • クライアントのデータを一元化し、エージェントがリアルタイムに情報にアクセスして、迅速にソリューションを提供できるようにします。
  • 営業スタッフにブラウザーやデバイスをまたいで使用できるモビリティ オプションを提供します。

より優れた顧客関係を構築する

カスタマー サービスと営業を統合することにより、顧客の選好性を決定、予測しやすくなります。また、購入者にとってはやり取りが容易になり、信頼とビジネスの獲得につながります。これら 2 つのソリューションを統合することは、次のメリットがあります:

  • カスタマー ジャーニーに関するインサイトを得ることで、顧客の期待に応えます。
  • 任意のデバイスで使用できるクライアント向けとスタッフ向けのモバイル アプリケーションを提供します。
  • 顧客に使いやすいセルフサービス ポータルを提供することで、顧客は自身のデータを管理でき、すばやく疑問への回答を見つけることができます。

CRM ソフトウェアのその他のメリットについて知る

顧客をエンド ツー エンドで表示

データをインサイトに変えることで、顧客満足度の維持や、新たな見込顧客の発見が可能になります。他にも、以下のメリットがあります:

  • 顧客の販売および購買の過去履歴を追跡できます。
  • ロイヤルティの高い顧客に特典を提供できます。
  • 潜在顧客を発見できます。

共通のプラットフォームの使用

CRM はさまざまな顧客関係ソフトウェア機能を搭載しており、それらすべてをまとめてシームレスに管理できます。共通のプラットフォームには他にも次のようなメリットがあります:

  • 最新のビジネス インテリジェンスを提供するカスタマイズ可能なダッシュ ボードを使用できます。
  • オンプレミス、またはクラウドで顧客データを一元化します。
  • その他のグローバル市場への参入を可能にするオプションがあります。
  • 他のソフトウェア ソリューションと簡単に統合できます。

顧客を可視化

顧客の選好性を知れば知るほど、信頼と、最終的にはロイヤルティを獲得することが容易になります。顧客を動かすものについてチーム内で可視化できると、競争で優位に立つことができます。CRM ソフトウェアで顧客をビジネスの中心に据えることには、以下のメリットがあります:

  • 顧客のニーズに合わせてカスタマイズされたメッセージを作成します。
  • プロンプトを設定することで、オフィスおよびフィールドのエージェントが、顧客への連絡頻度やどのような情報が送られたかを知ることができます。
  • ソーシャル、メール、テキスト、電話など、顧客が希望する連絡方法が表示されます。

顧客ポータルの提供

オンラインのセルフサービス ポータルにより、顧客は自身のデータを管理できるようになります。製品情報を詳しく知ることができ、入出金の追跡も可能です。企業は、スタッフ用オンライン企業ポータルだけでなく、クライアントにもポータルを提供して、スタッフとのエンゲージメントを容易にすることが不可欠だと考えるようになっています。さらに、以下の 3 つの理由でクライアント向けの顧客ポータルは理にかなっています:

  1. クライアントはリクエストを作成し確認できます — サポートのリクエストでも、注文情報でも、クライアント ポータルを設定することで、顧客は手軽に回答を得ることができ、問題のトラブルシューティングのために、何度も連絡する手間が軽減されます。
  2. 顧客が自らデータを管理します — 顧客情報のアップデートを顧客に任せることができます。データがより正確になるだけでなく、スタッフのタスクからクライアントのデータ管理をなくすことができます。
  3. 連絡の自動化 — 連絡フォーム情報は、スタッフが必要なときにアクセスするまで、ただデータベースに集積されるだけでした。連絡フォームを自動化することで、迅速な顧客対応が可能になります。また、情報をキャンペーンやワークフローの育成を開始するためにも使うことができます。

CRM ソフトウェアの実装に成功した企業について知る

世界最大級の PC とプリンターの製造メーカーである HP Inc. が、 どのように人工知能 (AI) の実装とカスタマー サービスの向上に成功したかをご確認ください。

この事例を見る 

最新の CRM ソフトウェア ソリューションで何ができるかを見る

お客様のビジネスに最適な CRM ソフトウェアを見つけるためのヒントとツールをご紹介しています。シームレスに連携して動作する Microsoft Dynamics 365 の最新でインテリジェントな統合型 CRM ソフトウェアとアプリが、どのようにマーケティング ROI の向上、営業成果の達成、サービス提供の改善を実現するかをご確認ください。