メイン コンテンツに進む

Dynamics 365 営業担当者へのお問い合わせウィジェット

カスタマー エクスペリエンスとは

カスタマーエクスペリエンス (CX) のすべてと、それを向上させる方法について。



ここから開始: カスタマー エクスペリエンスの定義

Web サイト上の最初のクリックから問い合わせセンターへの最新の通話まで、顧客は常にブランド、従業員、製品やサービスの価値に対して細部に至るまでの印象を得ています。このような印象は蓄積され、組織内の誰もが、肯定的であれ否定的であれ、印象の形成に関与しているのです。

CX とも呼ばれるカスタマー エクスペリエンスとは、顧客との関係性の中で、顧客が貴社のビジネスに対して抱くすべての認識が集約されたものであると言われています。これには、それらの認識に付随するすべてのセンチメントが含まれます。

たとえば、製品の品質に喜んだり、その時々の緊急のニーズに対応したマーケティング電子メールに驚いたり、配送や顧客サポート サービスが迅速かつ便利であることに安堵したりといった体験です。意識的であろうとなかろうと、その体験の質によって、顧客がリピート客や継続的な購読者になる方向へ傾くため、顧客体験 におけるすべてのタッチポイントが重要です。


CX がビジネスにとって重要な理由

今日の消費者には多くの選択肢があり、製品やサービスを数秒のうちにオンラインで検索して比較することができます。このため、カスタマー エクスペリエンス (CX) は実質的にあらゆる分野のビジネスにとって重要な差別化要因となっています。実際、CX が非常に重要になっている現在では、CX に注力することで収益を向上できない企業は考えられなくなっています。

優れたカスタマー エクスペリエンスは、企業の成功のあらゆるメジャーに対してプラスの影響を及ぼします。収益の増加、顧客の維持率とロイヤルティの向上、持続的な成長、ブランドの評判の向上はいずれも CX の改善にリンクしています。


カスタマー エクスペリエンス対 カスタマー サービス

カスタマー エクスペリエンスと見なされるものと、見なされないものはどのようなものでしょうか。カスタマー エクスペリエンスとカスタマー サービスは混同されることがよくあります。カスタマー サービスはビジネスの重要な機能であり、購入時、購入後に顧客をサポートする方法を指します。コンタクト センターへの音声通話、オペレーターとのライブ チャット、メールの交換のいずれであっても、フレンドリーで迅速なカスタマー サービスは、人間的なレベルで顧客の信頼を築き、カスタマー エクスペリエンスの重要な側面となります。しかし、これは全体像の一部にすぎません。

カスタマー エクスペリエンスは非常に幅の広い概念です。これは、企業とのリレーションシップを通じて顧客が企業と接触するあらゆるタッチポイントを含みます。ブランドに関する消費者の認識は、Web サイトでの購入がどれだけスムーズであるかや、マーケティング電子メールにどの程度の関連性があるかなどのさまざまな要素に左右されます。パッケージを開けることがどれだけ簡単であるか、または困難であるかといったことでさえ、カスタマー エクスペリエンスに影響することがあります。

カスタマー サービスの対話の品質は、カスタマー エクスペリエンス (CX) 戦略を形成する上での重要な考慮事項ですが、現実的には、組織内のすべての部署がカスタマー サービスの成果に貢献します。

CX とカスタマー サービスの違いを理解し、正しいカスタマー エクスペリエンスの定義を得ることが重要です。CX を向上させるための最も効果的なイニシアチブは、幅広い、包括的なアプローチを取るものであるためです。


優れたカスタマー エクスペリエンスの提供方法

ビジネスはそれぞれ異なりますが、優れたカスタマー エクスペリエンス (CX) を生み出す基本的な要素は共通しています。CX の向上と肯定的なブランドの評価に確実につながる基礎的要素には以下が含まれます。

利便性。

今日の消費者は、顧客体験のあらゆるタッチポイントにおいて、容易さとスピードを求めています。それが得られない場合は、最も容易なほかの経路を探し求めます。このため一般的な問題点を排除するソリューションに投資して、カスタマー エクスペリエンスをより便利なものにする必要があります。たとえば、Web サイトのナビゲーションをよりシンプルなものにしたり、カスタマー サービス ソフトウェアを最大限に利用して、オペレーターによる迅速な問題解決を可能にしたりすることができます。顧客のフィードバックは、問題点がどこにあるかを示します。

肯定的な対話。

顧客と個人的または仮想的につながるスタッフ全員にトレーニングを提供して、顧客の要求に共感を持って耳を傾けるようにします。顧客を最も重視し、顧客のニーズを理解するためのツールに投資します。たった 1 回のネガティブな経験によって、顧客を競合企業に奪われることになりかねません。

接続性。

シームレスな購入体験は、多くの顧客にとって重要なものです。顧客が好むチャネルに関わらず、ブランドに簡単につながることができるようにします。顧客データを収集し、分析するシステムを統合して、どの部門の従業員であっても、対話の最中に顧客の全体像を得て、顧客が要求を繰り返し伝えなければならない手間を省くようにします。

パーソナル化。

顧客のニーズを予測するシステムは、優れた CX を強力に推進します。ビジネスのアップセル営業案件を表す、慎重にターゲット設定されたマーケティング メールは、顧客が喜ぶ便宜さを提供できます。顧客は、「このブランドは自分が必要としているものをよくわかっているようだ。」と感じることができます。パーソナル化は双方の益につながります。

顧客のエンパワーメント。

ハウツー ビデオ、FAQ、チャットボットや仮想オペレーターを通じた年中無休の自動サポートなどのセルフサービス オプションを顧客に提供すると、顧客の時間を節約できるだけでなく、コンタクト センターのオペレーターはより複雑な問題の解決に集中できるようになります。

製品やサービスの品質。

最後に、サービスの利用しやすさを向上したり、製品の魅力を高めたり、顧客がメンテナンスや再注文に費やす時間を短縮したりすることは、いずれもビジネスにとって有益です。 このウェビナーで、ハイパーパーソナライズされたカスタマー エクスペリエンスを提供する方法をご確認ください。

このウェビナーで、ハイパーパーソナライズされたカスタマー エクスペリエンスを提供する方法をご確認ください。


避けるべき 5 つのカスタマー エクスペリエンスの落とし穴

最悪のカスタマー エクスペリエンスについて尋ねられれば、誰でもすぐにエピソードが思い浮かぶでしょう。残念ながら、顧客の不満や失望は、たいてい同じ 5 つの原因に集約されます。どのようなビジネス モデルであっても、このような落とし穴に気をつけ、回避する方法を見つけてください。

1. ひたすら待たされる。

待たされるのが好きな人など一人もいません。顧客サービスのエージェントに保留で待たされているとき、店舗で並んでいるとき、商品の発送が遅れているときなど、待たされることで顧客は「自分は大切にされていない」と思い、お客様から買うことが面倒に感じるようになるのです。

2. 顧客の問題に対する解決が遅い、またはない。

顧客が従業員から一番聞きたくない言葉は、「どうしたらいいかわからない」でしょう。顧客にとって、オンラインで質問に対する回答を探したり、複数のエージェントに何度も問い合わせたりした結果、満足のいく回答が得られないことは、非常に大きなフラストレーションとなります。

3. 自動化され過ぎている。

仮想オペレーターやチャットボットのようなインテリジェントな自動化テクノロジは、人同士のつながりを強化するものであり、取って代わるものではありません。このようなテクノロジは、顧客が一般的な質問に対する回答を得るために利用することで、貴重な時間を節約することができますが、常に実際の人間と簡単に連絡が取れる状態であるべきです。

4. パーソナル化が不十分。

デジタル時代には、顧客は自動的に企業に豊富な個人データを提供します。理想的には、そのデータを使って、適切な製品やサービスを適切な顧客に適切なタイミングで提供することが必要です。顧客が自分とは無関係のマーケティング メッセージを受け取ったり、探しているものが表示されない Web サイトを操作するのに苦労したりすることは、チャンスを逃すことであり、競合他社は喜んでそれを獲得します。

5. 顧客のニーズを無視する。

今日の消費者は、自分たちが購入するブランドに対して、自分たちの生活や働き方に無理なく価値を付加してくれることを期待しています。あらゆるタッチポイントで顧客データを収集し、顧客からフィードバックを得なければ、どのようなニーズがあり、それをどのように満たすべきかがわかりません。それが、「企業は自分に興味がないのだ」というカスタマー エクスペリエンスにつながるのです。


ソフトウェアが CX を向上できる方法

ソフトウェアはより包括的な顧客のビューを得ることで、カスタマー エクスペリエンス (CX) の向上を支援できます。CX ソフトウェアを使用すると、顧客の行動、期待、購入意思に加えて、顧客が製品やサービスを利用する際に経験する認識や感情をより良く理解できます。CX ソフトウェアは、サービス オペレーターとのやり取りやリピート購入を通じて、認識から購入までのエンドツーエンドのカスタマー エンゲージメント サイクル全体に関する分析情報を提供できます。

CX ソフトウェアの 1 つの強力な機能に、顧客体験マッピングがあります。顧客体験マップは、体験の向上に役立つ顧客データの視覚表現をマーケティング担当者に提供します。マップは、顧客のライフスタイルやニーズを把握して、体験の過程における動機、希望のチャネル、問題点を特定できるようにします。

適切に整理されたこの情報に基づいて、よりパーソナライズされた、関連性の高い製品やサービスを提供し、適切な製品を適切なタイミングで提示することで顧客の関心を引くことができます。マッピングは、企業とのリレーションシップを通じて顧客が直面する一般的なボトルネックや課題の多くも特定できるため、これらの障害を取り除いてブランドの認識を高めることができます。

CX を向上させる技術的機能への投資は、競争の激しい今日の市場において、これまでになく重要になっています。顧客の期待が高まり続ける中で、適切なソフトウェアを用意することは、長期的な顧客の獲得と健全な収益の実現につながります。

Elevate every interaction with Microsoft Customer Experience Platform

If you want to win loyal customers with high-quality experiences, there is a complete customer experience solution that is ready for you. Microsoft Customer Experience Platform is a complete marketing stack that learns from every customer interaction to deliver meaningful experiences. Microsoft Customer Experience Platform goes beyond simple personalization, optimizing your use of valuable customer data to garner rich insights into each customer journey.



}