メイン コンテンツに進む

Dynamics 365 contact sales widget

ERP の定義

エンタープライズ リソース プランニングの頭字語を取った ERP は、財務、製造、小売、サプライ チェーン、人事、運営におけるビジネス プロセスの自動化と管理を支援するシステムとして定義できます。ERP システムは、ビジネス リーダーによるインサイトの獲得、業務の最適化、意志決定の向上を支援し、データのサイロ化を解消して、各部門間の情報を統合します。

ビジネスの各分野における ERP の事例

ビジネスの包括的なビューを提供する ERP システムは、組織全体にわたってさまざまな運営や部門をつなぎ合わせます。特定の部門を拡大表示して詳細を確認したり、ズームアウトしてビジネス全体の運用状態を確認したりできます。この 1 つのビューを使用すると、発生前に問題に対処し、障害を取り除き、ビジネスの継続的な成長に必要な変更を行うことができます。

ビジネス インテリジェンスを活用した ERP システムは、組織の多くの分野にメリットをもたらします。ここでは、適切に定義された ERP システムによってビジネスの一般的な領域を合理化および最適化する方法例を紹介します。

金融

適切に定義された ERP システムによってもたらされるビジネス インテリジェンスにより、収益性の向上、エラーの識別、重複の排除、コンプライアンスの確保を実現できます。

製造

製品の配送と生産を加速する ERP システムは、統合されたソリューションを製造にもたらします。製品の製造と配送の追跡、スケジューリング、最適化などの ERP システムのメリットにより、製品が顧客に届けられるまでとその間の全行程がサポートされます。

小売業

スムーズでシームレスな運用を生み出す ERP システムは、統合された小売体験を提供します。製品情報、在庫、顧客プロモーション、売上データはすべて一元管理され、店舗販売とオンライン購入の両方を合理化します。

サプライ チェーン

最適化の推進、可視性の向上、サプライ チェーンの合理化など、営業からフルフィルメントに至るまで、ERP システムは、生産現場、倉庫、施設、輸送を通じて物流の最適化を支援します。

人事管理

1 つのプラットフォームで一元管理されたデータを提供する人的資本管理システムは、ERP システム内に統合されていることがよくあります。福利厚生の管理、休暇/欠勤管理、優秀な人材をひきつけて獲得するためのオプション、コンプライアンスを確保するためのツールなどを通じて、従業員を成功へと導きます。 

ERP システムの機能とメリット

ERP システムのリアルタイムの可視性を得ることで、さらに適格な意思決定を行い、発生前に問題を特定し、総合的な生産性を向上させることができます。 

さまざまなソースのデータを統合することにより、ERP システムは運用手順の改善を支援します。ビジネス プロセスの全体像を把握すると、要件や規制の変更に迅速に対応し、世界中のすべてのシステムのコンプライアンスを維持できるようになります。 

ビジネスの全体像を把握すると、明確に定義された ERP システムから次のような共通のメリットが得られます。

業務の最適化

自動化、タスクの優先順位付け、ERP システムのデータ統合を通じて、つながっていないビジネスの領域をきめ細かく制御します。

チームの連携

データのサイロ化を解消することで、ビジネスの生産性を高め、部門間のデータの流れを円滑化し、コラボレーションを促進します。 

統合データ

全部門からのデータを集めて一元的なリポジトリを管理することで、重複の排除、エラーの削減、データの正確性の向上を実現します。 

意思決定の向上

組織に関するリアルタイム情報を使用して、予測的インサイトを獲得し、データに基づいた意思決定を行います。 

コストの削減

ミスを減らし、問題を発生前に発見します。ビジネス全体のインサイトを得ることで、効率が高まり、全体的なコストが削減されます。 

ビジネスに合った ERP システムの選択

どのような規模の企業でも、ERP システムの恩恵を受けることができます。ソフトウェアが事業拡大の妨げになる場合は、成長を支援してくれるシステムを見つけることをお勧めします。システムは数多く存在しますが、組織に適した ERP システムを評価する際にどのような点に注目すべきかを知っておくことが重要です。適切に構造化され、目的に合わせて適切に定義された ERP システムを選ぶには、これらの機能を考慮することが役に立ちます。

成長に合わせて拡張可能

ハイペースで進行する今日のビジネス環境では、ニーズが絶えず変化します。組織の成長とともに拡大できるシステムを見つけましょう。 

個別のニーズに対応

ソリューションのカスタマイズ、拡張、他の業界のシステムとの統合を柔軟に行うことができる 1 つまたは複数のアプリケーションをご利用いただけます。 

クラウドベースでモバイル フレンドリー

オフィスまたは現場で、チームのメンバーがどこにいてもつながることのできるソリューションを見つけましょう。 

ERP を超えた機能

業務の全体像を把握できるアプリケーションが見つかります。顧客リレーションシップ管理 (CRM)、ERP、人事、その他のツールを組み合わせて、組織のあらゆる領域を統合しましょう。 

連携と共有

統一されたエクスペリエンスを提供するシステムに投資することで、異なるアプリケーション間でデータの接続と共有を行うことができます。 

Microsoft Dynamics 365 ができること

従来の ERP および CRM システムのさらに先を行く次世代のクラウド アプリケーションである Dynamics 365 で、データのサイロ化を解消できます。この包括的なエンド ツー エンド クラウド アプリケーションのコレクションを使用して、データとリレーションシップを統合し、意思決定にインテリジェンスを組み込み、より優れた結果を実現できます。

単独でも、ほかの機能と組み合わせた場合にも優れた能力を発揮するアプリケーションが用意されているため、既存のツールを廃止して置き換える必要はありません。必要なときに、必要なものにアクセスできます。 

大企業の場合

Dynamics 365 Finance と Dynamics 365 Supply Chain Management でビジネスの成長を加速し、従業員がより迅速で的確な意思決定を行い、市場の需要の変化にすばやく適応できるようにします。 

中小企業の場合 

適応しやすく、簡単に使用できるオールインワン ビジネス ソリューション、Dynamics 365 Business Central がビジネスのつながりと成長を支援します。