メイン コンテンツに進む

5 つのステップでより良い ERP システムにより一層近づく

現在の基本的な財務と業務が不十分になってきていると感じる場合、より最新のエンタープライズ リソース プランニング (ERP) システムの導入を検討する時期かもしれません。ERP 機能およびアプリケーションは常に進化と更新を続けるため、選択肢を調査することは重要です。さらに、この激しい競争環境下では、他のユーザーがすでに ERP システムを更新している可能性が高いので、後れを取らないことが大事です。

ERP システムとは何ですか。

ERP は、組織が統合されたアプリケーションのシステムを使用できるようにするビジネス管理ソフトウェアです。それによって企業の財務、サプライ チェーン、運営、レポート作成、製造、人事活動を管理および統合することができます。

これで ERP システムについてお分かりいただけましたか。ではビジネスに合わせた、より良いソリューションを実装するための 5 つのステップをご覧ください。

1

ステップ 1:

現在のシステムの限界を特定する

既存のシステムを交換して新しいソフトウェアを実装する時期が来たことを示す 3 つの兆候をご紹介します:

成長の上限

現在使用しているシステムは、企業の成長やスタッフ、クライアント、ビジネス プロセスの追加、ビジネスまたは市場への新規参入についてきていますか。ERP ソリューションは日々のビジネス プロセスの運営および管理を妨げることなく、企業の拡大をサポートする必要があります。

インサイトの不足

ERP ソフトウェアがビジネス全体のリアルタイムの可視化や業界の情勢に関するインサイトを提供しているにもかかわらず、企業の多くは他のシステムから独立して働く既存のソフトウェアを今も採択しています。これでは各部門が縦割りで働くことになりかねません。データ分析やビジネス インサイトを提供しつつ、異なるシステムを結び合わせるソフトウェアは、誰もが満足できるソリューションで、生産性、成長、競争力を生み出します。

コストのかかる既存のシステム

ほとんどの企業が現在の ERP 費用および管理のための支払いを掘り下げて調べています。しかし、実際の価格については理解していても、オンプレミス、クラウド、ホスト型 ERP ソリューションなどの展開オプションそれぞれのメリットとデメリットを把握していません。今こそ深く調査して、クラウドに移行するか、オンプレミスで保持するか、それらを組み合わせるかを決定するときかもしれません。

tip

ヒント:

多くのビジネスが完全に ERP をオーバーホールして、現在使用しているシステムを取り除かなければならないと考えていますが、それが正しいとは限りません。ERP システムは多くのアプリケーションやアドオンの組み合わせである場合があります。現在使っているシステムが役立つプロセスを保持したり新しいプロセスを追加したりできない場合、そのような機能を備えたソフトウェアをお探しください。

2

ステップ 2:

ERP システムで何が実現できるかを思い起こす

ERP の基本から始めてみましょう。既存の ERP システムすべてにおいて欠かせない基本的なコンポーネントは次のとおりです:

財務管理

システムは規制コンプライアンスを満たせるようにするだけでなく、正確なデータや分析を提供することで、複数の通貨の管理、キャッシュ フロー管理、銀行トランザクションを含む予算の監視にも役立つ必要があります。

製造

この機能は製造メーカーがリアルタイム データへのアクセスできるようにして、生産計画やプロジェクトおよびコスト管理の最適化を実現します。ERP の製造はリソースを管理したり、顧客のニーズを実現したりできるようにします。

サプライ チェーン

手動での情報入力や、品物の実地棚卸は過去の作業になりつつあります。この機能は、倉庫および在庫管理を向上し、ビジネスが製品と統合ロジスティックスの優れたインサイトを得られるようにします。

3

ステップ 3:

最新の ERP システムで何が実現できるかを確認する

最新の ERP システムは組み込みインテリジェンスを提供してユーザーを最適な結果に導くようサポートします。また、その他の市場へ拡大するのに合わせてビジネスをスケーリングし、クライアントおよび企業のデータを安全な状態に保つのを助けます。加えて、最新の ERP プラットフォームは、よりコストの少ないカスタマイズを提供することで、さらに踏み込んでお客様のニーズを満たします。つまり、既存のシステムとも連携しつつ、日々のプロセスを成長に合わせて拡張できることを意味します。提供される他のリソース プランニング ツールのいくつかは、次のことに役立つことがあります:

  • 生産性の向上。
  • 財務管理のコントロール。
  • 優れたカスタマー サービスの提供のサポート。
  • 人事管理のサポート。
  • プロジェクト管理のニーズの合理化。
  • サプライ チェーンおよび運用管理の向上。
  • ビジネス インテリジェンスと AI による優れた意思決定。

グローバルな ERP にもメリットがあります。基本的な財務機能および業務機能すべてを合理化し、新しい市場へ拡大して世界中のあらゆる場所で働くことをサポートする標準的なビジネス プロセスの持続を助けます。ERP システムが提供するツールは、グローバル規模で次のことに役立ちます:

  • 仮想組織間でのコラボレーションのサポート。
  • 新しい市場に容易に拡大できるようにする新しい場所のサポート。
  • 単一の ERP ソリューションの標準化と IT 環境の簡素化。

4

ステップ 4:

行動計画を作成する

新しいシステムを完全に実装することや、現在の状態に何を追加し削除するのかを考えると、圧倒されてしまうかもしれません。しっかりと計画を立てておけば、既存のシステムの改善や交換がよりスムーズになるでしょう。次の 3 つのステップから始めましょう:

1. 欲しい物のリストを作成する

すでに使用している ERP 機能を書き出してください (基本的な財務および在庫追跡システムであってもいい)。次に、希望する、または必要な機能のリストを作成して、オプションやアイデアをはっきりさせます。その後、事前構築されたアプリケーションを加えて特別な機能を探したり、カスタム アプリケーションを構築することもできます。

2. 予算を設定する

欲しい物のリストが完成したら、次は予算を設定します。新しく車を購入する場合、予算に応じて新車か中古車を選びます。同様に、予算がすでに分かっているなら、必要としているシステムと機能に焦点を合わせることができます。システムのサポートおよび管理にかかる費用から始めて、後に追加でかかりうる費用を確認していきます。

3. 恐れずに質問する

汎用型のソリューションで妥協せず、お探しのソリューションが確実にお客様独自のビジネス ニーズを満たすようにしてください。オンプレミスからクラウドに移行する際に、セキュリティに関して疑問がある場合は、不安の解消をサポートする技術パートナーを見つけてください。

5

ステップ 5:

技術パートナーの選択

新しいシステムの実装で最も重要なのは技術パートナーの選択です。正しい選択をすれば、生涯のパートナーとなりうる最善の ERP の組み合わせとなります。将来の実装パートナーに求める資質の例をいくつか紹介します:

  • これまでに貴社のような企業に実装したことはありますか。
  • 実装前、実装中および実装後のいつでも対応可能ですか。
  • サポートに必要な技術的専門知識と製品知識を適切に持ち合わせていますか。

最新の ERP の実装に成功した企業について知る

業界をリードする歯科用機器メーカー、A-dec が 17 年間使用してきた ERP システムの交換を決断したときの事例ご確認ください。

事例を読む 

最新の ERP ソフトウェア システムで何ができるか確認する

ERP システム、お客様が必要とする基本機能、実装できる追加機能とは何かを説明しました。ここで Microsoft Dynamics 365 for Finance and Operations が、最新のインテリジェントなエンタープライズ ソリューションを使用してお客様が日々の財務と業務を合理化できるようにする方法をご確認ください。