メイン コンテンツに進む

Dynamics 365 営業担当者へのお問い合わせウィジェット

マーケティング自動化とは

電子メール マーケティング、ソーシャル メディアへの投稿、広告キャンペーンの運用などの特定のマーケティング作業は、手動で行うと時間がかかる場合があります。これらの作業は非効率であるばかりか、パーソナライズ性に欠け、型にはまったアプローチになります。そのためこれらの取り組みの効果が制限されて、マーケティング ROI や顧客エンゲージメントの低下を招きます。

マーケティング自動化ソフトウェアはこのような課題を解決するように設計されています。チャネル全体でこれらのタスクを自動化し、顧客に対してパーソナライズされたアプローチを取ることで、マーケティングの有効性と ROI が向上するだけでなく、顧客満足度も高まります。

マーケティング自動化ソフトウェアの目標 

マーケティング自動化ソリューションの主な目標は、時間のかかるマーケティング作業の改善、合理化、簡素化を実現することです。電子メールやテキスト メッセージの送信、ソーシャル メディアへの投稿などに組織のリソースを費やす代わりに、マーケティング担当者はマーケティング自動化ソフトウェアを使用して、これらのプロセスを自動化するための、ワークフローと呼ばれる一連の手順を作成できるようになります。 

このような反復作業を自動化することで、高品質で営業可能なリードをより迅速かつ容易に育成できるようになるとともに、戦略的で価値の高い作業に専念する時間が創出されます。 

マーケティング自動化のしくみ

マーケティング自動化により、各手順を手動で実行することなく、デジタル マーケティング戦略を実装できるようになります。時間を節約できるだけでなく、顧客が求め、必要としているものについてデータに基づいたインサイトを提供することで、顧客データから価値を引き出せるようになります。このようなインサイトを活用すれば、目標を絞った、パーソナライズされたキャンペーンをさらに簡単に作成し、実行できるようになります。 

厳密な機能はソリューションによって異なりますが、ここでは、マーケティング自動化システムがどのように役立つかを示した例をいくつか紹介します。 

  • リードの生成と評価: 顧客が求めているコンテンツをパーソナライズして、より多くのリードを生み出します。リード スコアリングは、購入につながる可能性が最も高いリードの特定に役立つため、営業チームは最も有望な営業案件を優先させることができます。 
  • 対象者の特定: 各キャンペーンに適した対象を見い出し、各キャンペーンの有効性を最大化します。 
  • コンテンツ デザイン: 事前に作成されたカスタマイズ可能なテンプレートを使用して、複数チャネルのキャンペーン間でブランディングを統一します。 
  • 需要創出: 複数のチャネルにわたるリードおよびデータ管理により、見込顧客の関心の作成、育成、管理を支援します。 
  • キャンペーンの実行: キャンペーンを自動的に開始、調整、管理して、うまくいっていることといっていないことに関する詳細な指標を取得し、パフォーマンスの向上に役立てます。 
  • スケジュールと顧客の行動に基づいたワークフロー: フォローアップの電子メールやテキスト メッセージなど、顧客のアクションによってトリガーされる、次の自動的なアクションを設定します。 
  • イベント管理: オンラインおよび対面イベントを計画、管理、調整し、マーケティングのリーチと効果を拡大します。 

マーケティング自動化を顧客はどのように捉えているか 

型にはまった万能型のマーケティングは成り行き任せの手法であり、コンテンツは顧客のニーズに関連することもあれば、関連しないこともあるため、個々のキャンペーンにはギャンブルの要素が付きまといます。 

ただし、顧客が望む場所で、望むときに提供される、パーソナライズされた関連性の高いコンテンツは、成功につながる確率が最も高くなります。モバイル、電子メール、Web のいずれであっても、最も便利なチャネルで顧客とのやり取りができるようにすることで、購買過程における摩擦が軽減されます。顧客は関心のあるコンテンツを確認しやすくなり、貴社とのやり取りも円滑になります。

カスタマー エクスペリエンスを管理することで、最初から最後までの全行程でのエンゲージメントと成果が向上し、顧客満足度とブランド ロイヤリティがさらに高まります。 

マーケティング自動化ソフトウェアのメリット 

マーケティング自動化ソフトウェアは、パーソナライズされたマーケティング アプローチの実現や、戦略的な活動に集中するためのさらなる時間の捻出に加えて、次のような多くのメリットをもたらします。 

  • 生産性の向上: マーケティング チームは、時間がかかる手作業を自動化することで、より短い時間でより多くのことを実現できるようになります。 
  • 精度の向上: 反復的なマーケティング作業を自動化すると、ヒューマン エラーの発生率が減り、チャネル全体で一貫した高品質のエクスペリエンスを提供できます。 
  • ROI の向上: パーソナライズされたキャンペーンは、より効果的で、より多くの営業可能なリードを生み出します。 
  • 顧客エンゲージメントの強化: シームレスでパーソナライズされたカスタマー エクスペリエンスにより、顧客満足度が向上し、貴社の製品や会社に対するロイヤリティが強化されます。 
  • リレーションシップ マーケティング: 顧客、市場、トレンド情報の全体像を把握することで、見込顧客をさらに容易かつ効果的に取引関係へと変換させることができます。 
  • キャンペーン パフォーマンスの可視性の向上: うまくいっていることといっていないことに関する詳細な指標は、改善に必要なインサイトをもたらしてくれます。マーケティング自動化ソフトウェアの中には、これらの指標の有用性を高め、変更や改善をより迅速に行うことができるようにするための AI (人工知能) 機能を備えているものもあります。

マーケティング自動化戦略の設計に関するヒント 

マーケティング自動化ソフトウェアによって、課題が即座に解決されるわけではありません。成功を収めるためには、マーケティングおよび営業プロセス全体を考慮した確かなマーケティング自動化戦略と組み合わせる必要があります。 

マーケティング自動化をマーケティング戦略に導入することを計画している場合は、次のヒントを参考にしてください。 

  • リード育成段階の計画を練る: 段階に分けてリードや見込顧客を育成していくことで、各段階で最も効果的なアクションを特定しやすくなります。 
  • リード スコアリング プロセスを生み出す: これによって、より簡単に営業リソースに優先順位を付けたり、成功の確率が最も高い、最も有望な営業案件に専念できるようになります。 
  • リードの見込み評価のしきい値を設定する: リード スコアリング プロセスと共に、リードの見込み評価のしきい値を設定すると、見込みのないリードに時間と資金を無駄に費やすことがなくなります。 
  • 顧客体験を策定する: 顧客の立場でものを見ることで、カスタマー エクスペリエンスを改善できる領域を特定します。 
  • コンテンツ ライブラリを構築する: 興味を引き、魅力的で関連性のあるコンテンツのオプションを複数用意すると、戦略オプションが増え、顧客に向けてコンテンツをより簡単にパーソナライズできるようになります。 
  • 時間をかけてロールアウトする: マーケティング自動化は段階に分けて実装し、頻繁にテストして、最適化を図りましょう。 
  • 調整を行う: マーケティングは常に変化しています。マーケティングの各段階で、指標に基づいてアプローチを調整し、改善を行って、成功の可能性を高めていきます。 

マーケティング自動化によって DHI が顧客リレーションシップをどのように強化しているかを確認する

マーケティング自動化ソフトウェアは、水管理ソリューション企業である DHI が生産性を高め、顧客とより強力なリレーションシップを構築することを支援しています。 

マーケティングの自動化がビジネスにどのような効果をもたらすかについて説明します 

Dynamics 365 Marketing で質の高い営業可能なリードを見つけて育成しましょう。AI 機能や汎用性の高いツールでマーケティングの自動化とパーソナライズを行い、効果と生産性を高めることができます。