メイン コンテンツに進む

Dynamics 365 for Customer Service のロードマップ

ロードマップ上の優先事項

オムニチャネルの顧客エンゲージメント:

顧客が任意のチャネルとデバイスを使用した希望する方法で会社と連携できるようにします。

エージェントのエクスペリエンス:

すべてのインタラクションをパーソナライズして最適な結果を提供できるようにエージェントを強化できます。

ナレッジ マネージメント:

知識を活用することにより、エージェントの生産性を向上させて顧客の作業を削減できます。

インテリジェンス:

インサイトや AI に基づくアクションにより、業務効率を合理化してサポート結果を改善できます。


ロードマップの詳細とタイムライン

予定されているこれらの機能は、ロードマップ上の優先事項を実現するマイクロソフトの取り組みを表すものです。次の主要な更新プログラムで予定されている機能の全容について知るには、 お問い合わせください。

リリース ノート:

パブリック プレビュー:

一般公開:

今後 12 か月
Customer Service
機能 可用性
ファースト パーティのライブ チャットによってリアルタイムのアシスト サポートを促進
SMS メッセージを使用した双方向のコミュニケーションによって顧客と連携
パブリック プレビュー
複数のチャネルで適切なエージェントへの顧客インタラクションのルーティングを自動化
エージェントが複数の顧客インタラクションを並行して処理することを可能に
事前構築されたテンプレートを使用してナレッジ記事の作成を促進
すぐに利用できるダッシュボードを使用してコンテンツ ギャップを識別することにより、ナレッジ ベースを継続的に更新
パブリック プレビュー
Dynamics 365 AI ボットを使用して定型の顧客リクエストを解決
パブリック プレビュー
サービス マネージャーによるエージェントの監視とコーチングを支援

製品ロードマップの詳細情報

Dynamics 365

間もなく公開

Power Platform

Dynamics 365 for Customer Service のロードマップ

プレリリース版の製品や機能は、市販リリースの前に大幅に変更される可能性があります。このロードマップは製品の概要を表すものであり、個々の機能の最終的なライセンス形態を示すものではありません。マイクロソフトは、ここで提供された情報について、明示的か暗示的かにかかわらず、一切保証を行いません。

アイデアを共有

今すぐ送信 

インサイダーになる

サインアップ 

最新のリリース ノートを表示

今すぐ読む