メイン コンテンツに進む

Dynamics 365 Customer Service のロードマップ

ロードマップ上の優先事項

オムニチャネルの顧客エンゲージメント:

インテリジェント セルフ サービスや高度にパーソナライズされた支援サービス チャネルを通じて、お客様が企業とシームレスに関わることを可能にします。

オペレーターおよびスーパーバイザーの強化:

お客様との対話、セルフ サービス チャネルと支援サポート チャネル間のセンチメント、時間の経過を完全に可視化することで、オペレーターとスーパーバイザーに最適な成果を出す能力を提供します。

ナレッジ マネージメント:

フォーラムやコミュニティなどのチャネルから提供され、社内で作成したサポート情報を利用して、オペレーターの生産性を向上させ、お客様の負担を軽減します。

インテリジェンス:

インサイトや AI に基づくアクションにより、業務の合理化、サポート結果の改善、および効率の向上を図ります。

プロアクティブなサポート:

先を見越した対応と、お客様より前に問題を検出する接続されたデバイスによって、お客様がサポート案件を開く必要性が減ります。

詳細とタイムライン

リリース計画では、新機能を継続的に提供し、今後のリリースを事前に紹介するための当社の取り組みの概要が示されています。詳細については マイクロソフトにお問い合わせ ください。 

製品 ロードマップの詳細情報

Dynamics 365

Microsoft Power Platform

近日 公開予定の製品ロードマップ

Dynamics 365

Dynamics 365 Customer Service のロードマップ

プレリリース版の製品や機能は、市販リリースの前に大幅に変更される可能性があります。このロードマップは製品の概要を表すものであり、個々の機能の最終的なライセンス形態を示すものではありません。マイクロソフトは、ここで提供された情報について、明示的か暗示的かにかかわらず、一切保証を行いません。

アイデアを共有

インサイダーになる

コミュニティで交流、学習し、活動する

製品が入手可能かどうかに関する最新情報の表示