メイン コンテンツに進む

Microsoft Dynamics 365 for Finance and Operations のロードマップ

ロードマップ上の優先事項

グローバルなプラットフォームと生産性:

カスタマイズが容易で、世界各国でのコンプライアンスを確立し、使用中の他のアプリやサービスにまで拡張して接続できるインテリジェントなアプリケーションにより、イノベーションを促進できます。

金融業とサービス業:

帳簿をより早く決算し、堅牢なレポートを提供するほか、ビジネス インテリジェンスで収益性を上げることができます。

オペレーション:

サプライ チェーンと製造の俊敏性と効率を高めることにより、計画、スケジューリング、業務、コスト管理を結び合わせて最適化できます。


ロードマップの詳細とタイムライン

予定されているこれらの機能は、ロードマップ上の優先事項を実現するマイクロソフトの取り組みを表すものです。次の主要な更新プログラムで予定されている機能の全容について知るには、 お問い合わせください。

リリース ノート:

パブリック プレビュー:

一般公開:

今後 12 か月
Finance and Operations
機能 可用性
1 つのバージョン
開発者ツールの機能強化
パーソナライズ、高度なフィルター処理、新しいモバイル機能を含む、クライアント生産性の強化
共通データ モデルによって二重書き込みとデータ統合を実現
一般公開
ビジネス プロセスとワークフローの統合を改善
地域デプロイメントの可用性を中国に拡大
37 の国向けの規制更新
一般公開
ブラジル向けの構成可能な電子請求と Sistema Público de Escrituração Digital (SPED) レポート
メキシコの Comprobantes Fiscal Digital por Internet (CFDI) 向けの構成可能な電子請求
強化された構成可能なローカライズ エクスペリエンス
強化された請求書レイアウトの構成機能
高度な倉庫および輸送管理に関する機能拡張
一般公開
拡張された Catch Weight 機能
Dynamics 365 for Finance and Operations と Field Service の間のビジネス プロセス統合
一般公開
製品ライフ サイクルとバリュー チェーンの全体でインサイトを強化
パブリック プレビュー
店舗のフロアからインテリジェントなインサイトを直接入手
パブリック プレビュー
ユーザー エクスペリエンスと生産性を強化
総勘定元帳の決済を自動化
銀行口座の外貨金額を再評価
IFRS 15 と ASC 606 に準拠
仕訳の取消を簡略化
強化された経費管理エクスペリエンス
柔軟な請求ルールを提供
貸方制御の管理プロセスを自動化
一般公開
顧客の支払時期を予測
パブリック プレビュー
公共事業向けの機能強化
一般公開

製品ロードマップの詳細情報

Dynamics 365

間もなく公開

Power Platform

Microsoft Dynamics 365 for Finance and Operations のロードマップ

プレリリース版の製品や機能は、市販リリースの前に大幅に変更される可能性があります。このロードマップは製品の概要を表すものであり、個々の機能の最終的なライセンス形態を示すものではありません。マイクロソフトは、ここで提供された情報について、明示的か暗示的かにかかわらず、一切保証を行いません。

アイデアを共有

今すぐ送信 

インサイダーになる

サインアップ 

最新のリリース ノートを表示

今すぐ読む