メイン コンテンツに進む

Dynamics 365 営業担当者へのお問い合わせウィジェット

CRM field service tools

Dynamics 365 Supply Chain Management

回復力を備えたサプライ チェーンを構築する

クラウドとエッジでのアジャイルな流通および製造プロセスを実現し、ビジネスの継続性を確保します。

ビジネス全体を連携する

インテリジェントで適応力を備えたサプライ チェーンを構築する

サプライ チェーンのデジタル化、可視性の向上、計画改善、資産の生産性の最大化により、トラブルを予測して迅速に対応します。

製品の品質課題を解決し、すばやく市場に投入する

イノベーションを加速して、品質の問題、仕様変更、廃止部品に迅速に対応し、コンプライアンスを確保して遅延を軽減します。

すばやく計画を立案してお客様の需要を満たす

AI を利用して需要を予測し、優先順位に基づく、ほぼリアルタイムの供給計画により、製品の納期を守り、在庫切れや過剰在庫を排除します。

在庫と物流を最適化する

在庫、倉庫管理、フルフィルメント、資材調達、サプライ チェーンを最適化および自動化するアドバンスド アナリティクスで供給を改善します。

インテリジェントな製造オペレーションで革新する

IoT、Mixed Reality、AI を利用して、エッジでの俊敏な製造プロセスを構築し、任意の製造実行システム (MES) と連携します。

資産のアップタイムと寿命を最大化する

機器のダウンタイムを削減して全体的な機器の有効性 (OEE) を改善し、予防的メンテナンスを実施して耐用期間を最大化します。

顧客が運用を合理化する

GN group のロゴ

将来に向けた運用を構築する

GN Group は、Dynamics 365 を使用して、複数のデータ ソース間で、その運用およびエンドツーエンドのサプライ チェーンに関する、AI を活用した予測インサイトを獲得しています。

柔軟性のある製造と流通のプロセスを構築する

製品の納期を一貫して守り、リソース計画を最適化して、変化するビジネス モデルに対応し、収益性を維持しながらビジネスの持続性を確保します。

  • ビジネス継続性
  • コストの削減
  • 優先順位に基づくリアルタイム計画
  • IoT と AI を活用したコネクテッド ファクトリ
  • 統合倉庫管理
俊敏性の向上
  • エッジでの製造と倉庫管理
  • アップタイム 99.9% を実現する高可用性
  • 洗練されたサプライヤー管理
ビジネス継続性
  • リアルタイムの可視性による在庫
  • 資産アップタイムの改善
  • Intelligent Order Management
コストの削減

リーダーとして評価されました

Microsoft は 2021 年 8 月版『Gartner® Magic Quadrant™ for Cloud ERP for Product-Centric Enterprises』でリーダーとして評価されました。

アドインで資産とサプライチェーンの管理を改善する

資産のライフサイクルを管理する

メンテナンス計画の最適化と IoT センサーから生成するインテリジェンスで、問題発生前にメンテナンスを実施し、交換部品の管理を効率化して、作業指示を自動化します。

データシートをダウンロードする

エッジでの製造と倉庫管理

エッジでの製造および倉庫プロセスを高スループットで継続し、ピーク時間の運用のスケーリングと維持を実現します。

ブログを読む

生産および流通計画

1 日に複数回、数分以内に優先順位に基づいて生産と流通を計画し、顧客の需要に時間通り応え、在庫切れを回避します。

事例を読む
Person in hardhat with notebook

次のステップに進む

Person in hardhat with notebook
Gartner Magic Quadrant for Cloud ERP for Product-Centric Enterprises、2021 年 8 月 24 日、Tim Faith、Denis Torii、他。

GARTNER と Magic Quadrant は、Gartner, Inc. およびその関連会社の米国および国際的な登録商標とサービス マークであり、使用には許諾が必要です。無断転用を禁止します。

Gartner は、リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品、サービスを推奨しません。また、最高の評価または他の評価を得たベンダーのみを選ぶよう、テクノロジの利用者に助言するものではありません。Gartner のリサーチ出版物は Gartner のリサーチ部門による意見で構成されており、事実を記述したものと解釈すべきではありません。Gartner はこの調査に関し、明示または黙示を問わず、商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証責任を負いません。