メイン コンテンツに進む

Dynamics 365 営業担当者へのお問い合わせウィジェット

ノート PC を見ている人

Dynamics 365 Supply Chain Management

回復力を備えた持続可能なサプライ チェーンを構築する

予測的なサプライ チェーンで迅速に適応し、持続可能な方法で運用します。

サプライ チェーン問題を軽減する

インテリジェントで回復性があるサプライ チェーンを構築する

リアルタイムの可視性、俊敏な計画、高度なインサイトにより、課題に自動的に対応する、回復力を備えた柔軟なサプライ チェーンを構築します。

企画、予測、在庫管理

AI を利用して需要を予測し、優先順位に基づく、ほぼリアルタイムの供給計画を通じて在庫に関する意思決定を行い、在庫切れや過剰在庫を排除します。

製造現場と店舗の管理

既存の製造実行システム (MES) と連携しながら、モノのインターネット (IoT) と Mixed Reality を利用して、俊敏な製造プロセスを構築します。

倉庫管理とフルフィルメント

在庫の最適化、倉庫業務の自動化、スループットの向上を通じて納期を短縮します。

調達

仕入先コラボレーション ポータルを使用し、仕入先カタログにリンクすることで調達プロセスを合理化してコスト管理を向上させます。

注文管理と価格設定

在庫利用可能性を正確に把握し、複数の注文チャネルにわたる価格管理を一元化することで、納期厳守を実現します。

資産の管理とメンテナンス

機器の事前メンテナンスや予測メンテナンスを実施し、ダウンタイムを短縮して機器の稼働率を高めます。

Forrester のロゴ

Supply Chain Management の The Total Economic Impact™

Microsoft の依頼で Forrester Consulting が実施したこの委託調査を読んで、Dynamics 365 Supply Chain Management を組織に導入して十分な ROI を実現する方法をご確認ください。

90%

Dynamics 365 Supply Chain Management による 3 年間の ROI

150 万ドル

予期しないマシンのダウンタイムの削減による運用効率の向上

50%

開発者の生産性の向上

結果は、聞き取り対象の顧客を基にした、3 年間にわたる混成組織のものです。 Microsoft Dynamics 365 Supply Chain Management の Total Economic Impact™、2021

顧客が運用を合理化する

Tillamook 倉庫を表す画像

倉庫のスループットを向上させる

Tillamook では、倉庫の自動化を通じて需要に対応し、スループットを 50% 以上向上させることができました。

Alterra Mountain Company を表す画像

急成長に向けて調達を一元化する

Alterra Mountain Company では 7 つのレガシ ERP システムを組み合わせて、調達から支払いまでのプロセスと資産管理プロセスを合理化しました。

Peet’s Coffee を表す画像

充足率を維持しながらビジネスを向上

Peet’s Coffee では、計画および補充プロセスを自動化し、拡大し続ける eコマース ビジネスにおいて 98 パーセントの充足率を維持しています。

ChemTreat を表す画像

サービス業務を変革する

ChemTreat ではサプライ チェーン管理を最新化して、在庫、製造、流通のプロセスを向上させました。

マイクロソフトの在庫を表す画像

廃棄物を削減して効率を向上させる

マイクロソフト循環センターでは、クリティカルな部品を 83% 再利用することで廃棄物と二酸化炭素排出量を削減しています。

GN Group を表す画像

将来に向けた運用を構築する

GN Group は、複数のデータ ソース間で、その運用およびエンドツーエンドのサプライチェーンに関する、AI を活用した予測的分析情報を獲得しています。

サプライ チェーンの運用を最新化する

倉庫活動を合理化する

以下を利用して新規作業者の訓練時間を短縮し、倉庫内の移動時間を最小限に抑え、倉庫作業者の生産性を最大化します:

  • 直感的なモバイル アプリ
  • カスタマイズできるモバイル指示
  • 自動材料処理とピックの統合

店舗の効率を改善する

以下を活用してデータを統合し、インテリジェントな製造プロセスを構築します:

  • IoT 監視に対応したセンサー データ インテリジェンス
  • 外部 MES との統合
  • AI で強化した生産計画とスケジューリング

メンテナンスを予測し、先を見越して資産を管理する

以下を使用して資産の稼働率を高め、重要機器の予期しないダウンタイムを削減します:

  • IoT データに基づく予測メンテナンス
  • 作業指示書に対応した対話型ホログラフィック指示
  • モバイル アプリによる出張メンテナンス

リーダーとして評価されました

Microsoft は 2022 年 9 月版『Gartner® Magic Quadrant™ for Cloud ERP for Product-Centric Enterprises』でリーダーに選ばれました。1

ヘルメットをかぶりノートブックを持つ人物

次のステップに進む

ヘルメットをかぶりノートブックを持つ人物
1 Gartner Magic Quadrant for Cloud ERP for Product-Centric Enterprises、2022 年 9 月 26 日、Greg Leiter、Dixie John、Robert Anderson、Tim Faith。

GARTNER および Magic Quadrant は、米国およびその他の国における Gartner, Inc. とその関連会社の 登録商標およびサービス マークであり、 その許諾の下に使用されます。無断転用を禁止します。

Gartner はリサーチ出版物で掲載した特定のベンダー、製品、サービスの推薦を意図していません。また、最高の評価または他の評価を得たベンダーのみを選ぶよう、テクノロジの利用者に助言するものではありません。Gartner のリサーチ出版物は、Gartner のリサーチ部門による意見で構成されており、事実を記述したものと解釈すべきではありません。Gartner はこの調査に関し、明示または黙示を問わず、商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証責任を負いません。