メイン コンテンツに進む

Dynamics 365 contact sales widget

顧客データ プラットフォーム (CDP) とは何ですか。

マーケティング テクノロジの次のステップとして広く認知されている顧客データ プラットフォーム (CDP) は、分断された顧客データ システムの問題に対するソリューションです。CDP は、適切な人に、適切なタイミングで、適切なエンゲージメントを提供し、マーケティングから販売、サービスに至るまで、顧客との接点をすべてパーソナライズするための鍵です。

顧客データの問題

CDP がビジネスにもたらすメリットを理解するには、まず最初に、分断された顧客データがいかにビジネスを妨げるか理解することが重要です。

チャネルとデータの種類が急増したことで、顧客データが急激に増加しています。通常、この豊富なデータは分散され、隔離されたシステムで収集され、保存することはできますが解釈するに至りません。

顧客データは、匿名の広告インプレッション、既知の購入、製品の使用状況、カスタマー サービスとのやり取りに至るまで、すべてに及びます。顧客データには主に 3 つのタイプがあります。

  • 行動: インターネットに接続されたデバイスを使用して、企業と顧客の関わりから生成されます。この種類のデータは、アクセスしたサイト、ダウンロードしたアプリ、プレイしたゲームなどを追跡します。
  • ターゲット層: 年齢、性別、人口、人種、収入、教育、関心、雇用などの社会経済的な情報。
  • トランザクション: 組織や個人の間で発生する取引、合意、移転を文書化したもの。通常は商業的または法的な重要性を持ち、購入、返品、支払い、申し込み、予約、サブスクリプションなどのトランザクションを含めることができます。

隔離された顧客データの問題点は、顧客が誰であり、何をしていて、何を望んでいるか、理解するのが難しくなることです。ビジネスの中核に関するデータ駆動型のインサイトを持たないと、意思決定は制限され、効果が低下します。

顧客データのカテゴリをそれぞれ使用して、新規および既存の顧客とのエンゲージメントを改善できます。しかし、顧客データを活用するには隔離状態を解消し、統合してアクセスできる状態にする必要があります。

顧客データ プラットフォームの活用方法

簡単に言えば、顧客データ プラットフォームは顧客データの問題に対するソリューションであり、すべてのソースの顧客データを一元化した、他のシステムからアクセスできる統合データベースです。CDP はデータを単に集約するだけでなく、このマルチ ソース データを分析して、購入者の体験のあらゆる段階のデータに基づいたインサイト、推奨、顧客それぞれの全体像を提供するように設計されています。

顧客はパーソナライズされたエクスペリエンスを期待し、求めています。これを実現する唯一の方法は、顧客の希望やニーズに対する理解を深めることです。CDP はその深い理解の基盤を提供し、すべての顧客との接点を改善して強化するために使用できます。

マーケティング顧客プロファイル: コンバージョンの可能性とマーケティング ROI を高め、競争優位性を提供する関連コンテンツとキャンペーンにより、チャネル全体でターゲットを絞ったアプローチを提供します。
営業顧客プロファイル: 詳細なセグメントを作成し、ロイヤリティの状態、購入頻度、支出、最近の購入などのコンテキスト情報で営業エンゲージメントをパーソナライズして、それぞれの営業案件を最適化します。
サービス: カスタマー サービス担当者が包括的な顧客プロファイルを利用することで、事前対応型のオムニチャネル サポートを提供します。それにより顧客は、理解され尊重されていると感じられます。

CDP アプリを使用するメリット

顧客データ プラットフォーム アプリは、上記に加え、組織に多数のメリットを提供します。

  • 柔軟性と俊敏性: CDP アプリは、常に変化する消費者の行動とテクノロジ トレンドに対応する優れた柔軟性を提供します。使用する他のシステムとシームレスに連携する強固なデータ基盤にテクノロジ スタックを構築できます。
  • AI と機械学習: 社内に AI エキスパートの専門チームを持たない限り、自然言語処理、予測に基づいた推奨事項、インテリジェントなインサイトなど、高度な AI と機械学習機能の独自実装には費用がかかりすぎます。これらの機能は一部の CDP アプリに組み込まれており、他の方法では得られないより正確な予測とインサイトという追加の優位性を提供します。
  • より高い効率: CDP アプリは、異なるソースのデータを簡単に統合し、カスタム システムより信頼性が高く、更新も簡単です。独自のシステムはリソース集約型で継続的なメンテナンスとトラブルシューティングを必要としますが、CDP アプリは対象ユーザーとビジネス ルールを一元化して、使用するすべてのツールに適用できます。これにより時間を節約して、ソリューションの維持と更新にかかる IT の継続的な負担を削減します。
  • データ アクセシビリティ: CDP は、ビジネスの成長を支援する複数の部門で活用可能な、集中的で、使いやすく、便利な顧客データ ソースを提供します。マーケティングから営業、カスタマー サービス、ビジネス インテリジェンスまで、CDP は成長の促進に必要な、唯一正確な真実のソースを提供します。

CDP の特徴

顧客データ プラットフォームには他の顧客データ ソリューションと類似する点がありますが、使用している既存のシステムと CDP がどのような点で異なるのか理解することが重要です。

CDP と CRM の違い

CDP と顧客関係管理 (CRM) ソリューションはどちらも顧客データを収集しますが、CDP は複数のオンラインとオフラインのデータ ソースから編集した統合顧客プロファイルを作成します。CRM はいわゆるファースト パーティ データ、つまり顧客と会社の直接的なやり取りのみを保存します。

CDP と DMP の違い

CDP は匿名と既知の両方のユーザーについて、名前、住所、電子メール アドレス、電話番号などの個人を特定できる情報を集約します。データ管理プラットフォーム (DMP) は、サードパーティのデータや、Cookie、デバイス、IP アドレスなど、匿名のオンライン データでのみ機能します。

CDP は、ファースト パーティ、セカンド パーティ、サード パーティのソースのデータを統合することで、CRM と DMP の機能を追加します。つまりこれは CRM と DMP の情報を組み込んで顧客それぞれの包括的な全体像を提供し、単一のアプリケーションから必要な情報をすべて検索できることを意味します。

Tivoli Gardens は CDP を活用してゲスト エクスペリエンスを変革します

Dynamics 365 Customer Insights で得られた顧客の好みや行動に関するデータ駆動型のインサイトを、世界で 2 番目に歴史のある遊園地ですべてのタッチポイントのエンゲージメントを最適化するのに役立てる方法を説明します。

CDP によりビジネスで実現できることの詳細情報

Dynamics 365 Customer Insights は、何百もの組み込みコネクタを使用して既存のシステムと簡単に統合できる顧客データ プラットフォームであり、顧客の全体像を把握できます。

AI と機械学習に基づくインサイトや予測でアウトリーチを最適化し、ワークフローの合理化と自動化で生産性を向上させ、組み込みのセキュリティ ツールとガバナンス ツールでデータを保護する方法をご覧ください。