メイン コンテンツに進む

ERP の詳細と導入効果

ERP は、Enterprise Resource Planning (エンタープライズ リソース プランニング) の略語です。ERP は、企業の財務、サプライ チェーン、運用、コマース、レポート、製造、人事管理の活動を管理、統合するビジネス プロセス管理ソフトウェアです。ほとんどの企業が財務や運用の業務に何らかのシステムを導入していますが、現場で使用されているほとんどのソフトウェアは、日常的な業務プロセス用にすぎないものであり、ビジネスの将来的な成長に役立つものでもありません。

企業のニーズの変化や成長に応じて、企業のシステムもそれに見合うようにする必要があります。ここでは、ERP とは何か、また、ビジネスのニーズに後れを取らないソフトウェアの導入がなぜスマートなのかを明らかにしていきます。

エンタープライズ リソース プランニングの時代にともなう進化

これまでの ERP システムは、個別に動作するスイートの集合体であり、他のシステムとは連携しませんでした。さらに、独自のビジネス要件を満たすためには、それぞれのシステムに高価で複雑なカスタム コードが必要でした。これが新しいテクノロジの採用やプロセスの最適化を遅らせ、時に妨げてきました。

こうした多様なプロセスをすべてまとめ、柔軟なシステムに統合する機能が、最新の ERP ソフトウェア に違いをもたらします。これにより、ERP システム内部だけでなく、生産性ツール、e コマース、さらにカスタマー エンゲージメント ソリューションとも、データの連携を実現します。そして、すべてのデータを連携して適切なインサイトを導き出し、ビジネス全体でプロセスを最適化できます。

それに対して最新の ERP ソリューションは、柔軟な展開オプション、改善したセキュリティとプライバシー、持続可能性、ローコードによるカスタマイズ機能を提供します。さらに重要なことに、ビジネスやプロセスにインサイトに基づいて継続性と回復性をもたらし、将来に向けてビジネスを準備しながら、最近の急速なイノベーションもサポートします。

企業に ERP が不可欠な理由

日常の業務プロセスのすべてを解決するソフトウェアはありませんが、ERP テクノロジは業務プロセスの統合によって日々進化を遂げています。プロセス、システム、データをすべて連携すると、業務の最適化を始める上で不可欠な、インテリジェンス、スピード感、順応性が手に入ります。

ERP でビジネスを改善する 3 つの方法をご覧ください

1

パフォーマンスの最適化を促進する

人工知能 (AI) を統合したソリューションを利用して、明らかにしたインサイトで意思決定を強化し、継続的な業務パフォーマンスの改善方法を見つけ出します。

2

業務への効果を加速する

プロセスとデータを連携すると、従業員の可視性と柔軟性がさらに高まり、対応を加速して、ビジネス全体により大きく貢献できるようになります。

3

アジャイルなビジネスを実現する

ERP ソリューションの多くは、ニーズに適応しながら成長し、業務の中断や市場の変化に対して事前に備え、すばやく対応できるように構築されています。

ERP が威力を発揮する業務分野とは

ERP は、組織全体に必要なコア機能の多くを搭載し、フロント オフィスとバック オフィスを隔てる壁を打破して、優先度の高い業務分野にソリューションを適応させる機能を提供します。こうした業務分野のうち、重要なものを次に示します。

コマース

現代の小売業が直面するさまざまな課題に対して、ERP システムは完全なオムニチャネル ソリューションを提供し、バックオフィス、店舗、デジタル エクスペリエンスを統合します。AI によるレコメンデーションは高度にパーソナライズしたショッピング体験をシームレスに顧客に提供し、小売業者は従業員の生産性を高めて詐欺を軽減し、ビジネスの成長を促進できます。

財務

最新の ERP は、収益性改善とコンプライアンス促進を両立させます。搭載するダッシュボードや AI を活用したインサイトで財務状況の概要を把握し、いつでも、どこでも、リアルタイムで情報を活用できます。さらに、日常タスクの自動化によって手動による情報入力を削減し、業界の規制やコンプライアンスをサポートする追跡機能を導入できます。

人事管理

最新のソリューションは企業データの管理機能を搭載し、給与、採用、その他の業務など、従業員の管理タスクを合理化します。従業員の定着、採用、権限付与をサポートする優れた方法を導入して、さらに従業員の業績を追跡し、発生する前に人事で問題を特定します。

製造業

この機能は、ロボティック プロセス オートメーションでビジネスのコミュニケーション手段を改善し、日常的なプロセスの自動化を実現します。また、顧客のニーズに応え、リアルタイムでデータにアクセスしてリソースを管理する機能を製造業者にもたらします。このソリューションは、生産計画だけでなく、プロジェクト管理やコスト管理も最適化します。

サプライ チェーン

現在、情報入力や倉庫の在庫追跡を手動で行っている場合、これらのプロセスを ERP で自動化して、時間と経費を簡単に節約できます。最新のソリューションは、在庫管理に役立つダッシュボード、ビジネス インテリジェンス、さらにインターネット (IoT) テクノロジも提供します。

ERP を必要とする 3 つの兆候

既存のシステムに苦労していて、今このページをご覧になっている方は、おそらく、新しいシステムを近々導入する必要があると既に認識されていることでしょう。ここで、新しい ERP をすぐにでも導入すべきであることを示す兆候をご紹介します:

1

成長につながらない基本業務

これまでの基本的な業務には十分対応できたとしても、市場の拡大や世界規模の成長に対応する際に、現在のソフトウェアの限界を感じるなら、適切な 適切な ERP システム に移行すべき時期が到来しています。

2

個別に機能するシステムで凌いでいる

テクノロジの進化に伴い、異なるシステム同士の連携が上手くいかなくなるのはよく知られています。新しい会計ソフトウェアは旧型の HR システムとの互換性がないことにお気付きかもしれません。その解決のために時間やリソースを浪費するのは無駄と感じている場合もあるでしょう。

3

顧客の期待に応えることができない

従業員と顧客がモバイル機器を使用しているにもかかわらず、社内のシステムがこれに対応していない場合、全員のニーズを満たす新しいシステムに投資すべき時期に来ています。顧客の期待に応えるだけの投資を行う余裕がなかったり、従業員が必要とするツールを提供しないままでいると、競合他社に顧客や従業員を失うことは間違いありません。

tip

ヒント:

経営者や従業員が新しいシステムを希望しているが、ERP への移行に抵抗があるという場合、デモを予定して、全員が実情を把握できるようにすることが解決策の 1 つになります。さらに、意思決定プロセスに全員が参加していると感じることができれば、格段に実装しやすくなります。

一部の企業が ERP の実装をためらう理由

すべての選択肢が出揃ったにもかかわらず、一部の企業はまだ ERP の実装 の導入を躊躇しています。理由は多々あれど、どのような懸念事項にも必ず解決策があるものです。

懸念事項: 自社にとって最適な ERP ソリューションを選択しているかどうか分からない。

すべての問題を解決する完璧なソフトウェア ソリューションを見つける必要はありません。ERP は、現在使用しているビジネス プロセスから現時点で最良のプロセスを選び出して 1 つのシステムに統合し、全社員が同一の情報を表示できるようにします。ここで、技術パートナーを正しく選択することが重要になります。

懸念事項: 資金の余裕がないため ERP の大規模なオーバーホールはできない。

提案されるソリューションをすべて導入する必要はありません。ソフトウェア ソリューション モジュールは、ビジネス ニーズに合わせて個別に購入することができます。こうすれば社員が ERP の新たなモジュールに徐々に慣れていくことができます。また、追加する機能が金額に見合うかどうかも分からないようなソフトウェアへの大規模な投資も回避できます。

懸念事項: 現在使用しているシステムを失いたくない。

前述したように、選択するのがどのような ERP ソリューションであっても、現在使用しているシステムに対応するだけではなく、将来の成長に役立つ機能も含める必要があります。たとえば、現在のソフトウェア システムがビジネスの財務、サプライ チェーン、製造の各部署の大半で使用されている場合、強力なビジネス インテリジェンス コンポーネントをもたらすソリューションが最適でしょう。

最新の ERP によってビジネスで何が実現できるかを確認する

ERP がどのようなものか理解できたところで、次は、エンタープライズ リソース プランニングの最も優れた利点が Microsoft Dynamics 365 でどのようにビジネスにもたらされるかについて見てみましょう。エンドツーエンドのモジュール式ビジネス アプリケーションで、あらゆるデータを連携し、継続的なインサイトを明らかにすることで、未来を見据えて変化にすばやく対応できます。