メイン コンテンツに進む

Dynamics 365 レイアウトを使用した環境で空間をデザイン

物理的デザインを構想から自信を持って実現に導くことができます。3D モデルをインポートし、物理的な環境や仮想現実の環境で部屋のレイアウトをホログラムとして体験できます。1 関係者と構想を共有し、2 レイアウトを実際の規模で簡単に編集できるので、対象を構築する前であっても、優れた意思決定を下すことができます。

Mixed Reality を使用して物理的デザインを視覚化

物理的デザインを構想から自信を持って実現に導くことができます。3D モデルをインポートし、物理的な環境や仮想現実の環境で部屋のレイアウトをホログラムとして体験できます。1 関係者と構想を共有し、2 レイアウトを実際の規模で簡単に編集できるので、対象を構築する前であっても、優れた意思決定を下すことができます。

実際の規模で室内レイアウトを体験

現実の世界または仮想現実でホログラムを利用してレイアウトを視覚化できます。Microsoft Visio からフロアプランを、他のアプリからは 3D モデルを簡単にインポートすることで、実際の規模と状況でデザインを体験できます。3

物理デザインを容易に編集

提案されたレイアウトを物理空間または仮想現実で確認し、リアルタイムで変更できます。3D モデルを移動、サイズ変更、または回転するといったシンプルな操作で、その場でレイアウトを編集できます。

構想を自信を持って実現に変える

Mixed Reality のビデオ通話を利用して関係者とデザインを検討できます。4 優れた意思決定を下すために構想を共有できるため、時間と費用を抑えながらも、構想を実現に導くことができます。


Dynamics 365 のレイアウト

価格についてはお問い合わせください

「工場が建設されてもいない段階で最適化できることが理想です。根本的な改革と言えるのは、一連の 1 回だけの体験で、さまざまな情報をイマーシブに利用できることです。」

ZF Group の Chief Information Officer Jürgen Sturm 氏

マイクロソフト後援の『ハーバード・ビジネス・レビュー』誌の分析サービス レポート「Mixed Reality: A New Dimension of Work (Mixed Reality: 業務の新たな局面) (英語)」

1 3 Dynamics 365 レイアウトを使用するには、Microsoft HoloLens または Windows Mixed Reality ヘッドセットのいずれか、モーション コントローラー、Windows Mixed Reality Ultra PC が必要です。さらに、有効な Dynamics 365 レイアウトのライセンスと有効な Azure Active Directory アカウントも必要です。追加の Dynamics 365 ライセンスは必要ありません。3D モデルをインポートするには、Microsoft Store から Microsoft Dynamics 365 用インポート ツール (Dynamics 365 レイアウトのライセンスに同梱) を PC にダウンロードする必要があります。Visio フロアプランをインポートするには、Microsoft Visio ライセンスも別途必要です。ハードウェアおよびソフトウェアに関する追加要件は、利用可能な機能やコンテンツにより異なります。技術要件の一覧については、docs.microsoft.com をご覧ください。

2 4 レイアウトのエクスペリエンスを共有するには、Dynamics 365 Remote Assist を HoloLens で使用するか、Microsoft Teams を Windows Mixed Reality Ultra PC で使用するなど、ビデオ通話アプリまたは画面共有アプリが別途必要です。


購入相談Chatを開始する

受付時間: 9:00 から 17:30
(土日祝日および当社指定の休日を除く)。

マイクロソフトからの連絡をリクエストする

Dynamics 365 の専門家が追ってご連絡いたします。

リクエストの送信